メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2007年01月16日]
第303号 ブログの意味を勘違いしていませんか?

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇ 

   週刊 メルマガ湯けむり通信 【第303号】  2007年 1月 16日
            http://www.u271.com
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2,624発行 ━◇
 今週のCONTENTS 
 ●コンサルタントの視点  「ブログの意味を勘違いしていませんか?」
 ●湯けむりニュース1 2007年リニューアルをお考えの方必見です!
             http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html
 ●湯けむりニュース2  今話題!ホームページブログ無料診断!!
●特別レポート     最新予測「2007年温浴業界はこうなる!」
 ●編集後記
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
■ ブログの意味を勘違いしていませんか?

初めまして。温浴チームの山崎寿樹(やまざき としき)と申します。
ますます寒さが厳しくなるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日はブログについてお話ししたいと思います。ここ数年『ブログ』
という言葉を耳にすることが多くなったと思いますが、果たして、ブログの
意味を正しく理解している人はどのくらいいるのでしょうか?

ブログとは、本来ならば、簡単にホームページを更新できるツールの総称を
指します。しかし、残念ながら正しく理解している人はまだ多くないように
感じます。日本ではマスコミの影響もあって、有名人や芸能人が日記を公開
する「ブログ=簡易日記サイト」という認識が強いようです。

例えばプロ野球選手の「古田敦也公式ブログ」や女優の「眞鍋かをりのココ
だけの話」などは有名です。

しかし、ブログとは簡単に更新できるサイトという位置付けであって、機能
としては日記だけではありません。ブログのメリットとブログならではの特
徴を以下にまとめてみました。

メリットとしては
(1)検索エンジンに引っ掛かりやすい
(2)制作費用が安価
(3)更新が簡単(携帯からも更新可能)

ブログならではの特徴としては
(4)コメント機能
 ⇒日記に対して誰もがコメントを書けます
(5)トラックバック機能
 ⇒ある他人のブログの記事に、自分のブログへのリンクを貼ることができ
  ます。このことにより、自分のブログへのアクセス数が増加する可能性
  が大きくなります

以上の機能をうまく使えば自社のサイトにお客さまの意見を反映でき、かつ
一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションをはかることができます。
また、ブログの機能は販促にもつなげることができるでしょう。例えば車を
購入する時、みなさんはどのような手段を使って選びますか?

1カタログ・雑誌
2ディーラー
3自分の知人でその車に乗っている人にきく

多くの人が3を選ぶでしょう。なぜなら、同じ消費者の意見であれば信頼度
が高いからです。これと同じことがブログのコメントやトラックバック機能
でもできます。コメントやトラックバックをうまく利用した販促事例として、
「日産:ティーダ公式ブログ TIIDA BLOG http://blog.nissan.co.jp/TIIDA/」
が挙げられます。

このブログは、日産のコンパクトカー「ティーダ」の製品情報や開発者イン
タビュー、ユーザーの感想といった生の信頼性の高い情報を掲載しています。
ショールームに向かう前から、消費者にティーダのより詳しい商品知識を提
供することで、商品に対して愛着心をもっていただく試みかと思います。
成功している企業ブログの一つと言えるでしょう。

今一度ブログの有用性を考え、自社のホームページを見直してみてはいかが
でしょうか?きっと、改善点が見つかるはずです。次回は、ブログを使って
どのように販促活動をしたらよいのか、具体的な方法や事例を紹介したいと
思います。乞うご期待!(山崎)

※弊社では、業界初のブログによる安価なホームページ製作システムを開発
いたしました。まずは無料ホームページ診断で自社の現状のホームページを
診断してみてはいかがでしょうか。
お申し込みは、こちらまで e026@funaisoken.co.jp

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
■ 湯けむりニュース1 http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

  1年半〜2年以内に温浴施設のリニューアル
を考えている温浴施設経営者の方必見!

http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html
     弊社代表取締役社長小山政彦の熱いトークもあります!

少子高齢化や年金問題、LOHASなどの社会動向に加え、温浴施設がまだ
まだ増えている温浴業界。皆さんの施設はいかがでしょうか?
老朽化や周囲の施設よりハードが劣っているなど、問題を抱えておりません
でしょうか?これからの温浴業界は、確実に厳しくなっていきます。

その厳しい環境の中で「既存店を活性化して生き延びていきたい」「もう1
店舗出店して、競合をおさえて売上を確固たるものにしたい」と思われる方
には、今回のセミナーは今後の方向性を考える上で参考になるかと思います。

2007年1月23日(火)13:00から東京にて実施。
詳細はHPをご覧ください。
http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

弊社社長であり、トップコンサルタントの一人である小山政彦もお話しさせ
ていただきます。お席に限りがございます。
お早めにお申し込みください。

 ◆お申し込みは◆
  http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

 ◆お問い合わせは◆
 メール⇒ e026@funaisoken.co.jp
 お電話⇒ 03-6212-2933 日江井、坂井まで

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■湯けむりニュース2 

□■□────────────────────────────
        今話題!ホームページブログ無料診断!!
────────────────────────────■□■

ホームページやブログはただ作ればいいというものではありません。
成功しているホームページやブログのポイントさえ抑えれば、ほとんどコス
トをかけずに客数アップも夢ではありません。

口コミづくりやローコストによる販促が可能となるよう御社のホームページ
やブログの無料診断をいたします。

↓↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

(1)1日あたりのアクセス数を把握していますか?
(2)週に1回は更新していますか?
(3)ヤフーやグーグルで検索すると上位に表示されますか?
(4)デザイン性には自信はありますか?
(5)競合他社と比較したことがありますか?

「いいえ」が1つでもあった方、自社のホームページを見直しませんか?
全国のインターネットの利用者数は、7,984万人であり全世帯の約87
%にまでのぼっています(平成16年通信利用動向調査:総務省)
つまり、昨今ホームページは欠かせない集客ツールの1つとなっていると言
っても過言ではないでしょう。お客様は「ホームページ=施設の充実度」と
判断している可能性もあります。

「ホームページを見て行きたくなる温浴施設」を目指しませんか。

その為には、ホームページの「診断」が必要になります。医者に行って問診
をうけるのと一緒であり、現在の状況をしっかりと把握して問題を抽出し、
そこを徹底的に改善していくことが重要となっていきます。 

ご希望の方は、企業名(店舗名)、ご担当名、電話番号、FAX番号、ホー
ムページやブログURLを記載の上、下記メールアドレスまでお申し込みく
ださい。お待ちしております。

⇒e026@funaisoken.co.jp
担当:山崎(やまざき) 

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 最新予測「2007年温浴業界はこうなる!」

 新規開業による競争激化やM&Aなど業界動向が激しい温浴業界。
 2007年の温浴業界はどうなっていくのか。全国、世界の温浴施設を奔
走する船井総研温浴チームのスタッフが肌で感じている業界の最新動向と
データをもとに、温浴業界のこれからを大胆に予測!

・無料レポートはこちら→http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
             [ 編 集 後 記 ]
・最近、これからの温浴業界を考える上で、海外のお風呂を見てみたいなと
 思います。温浴施設の参考になりそうな国をドイツ以外でご存知であれば、
 ぜひ教えてください!(坂井)
・一昨年の2005年に人口減少時代が到来したと思ったら、昨年は、東京や名
古屋など都市圏への人口集中がはじまりました。これからの温泉・温浴事
業はどうなるのでしょうか(ひえい)

 ◆2007年温浴業界は・・・
 http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇ 
          [週刊 メルマガ湯けむり通信] 

 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 

 編集長:坂井 亮子  副編集長:日江井 泰宏 
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴事業コンサルティングチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
 TEL 03-6212-2932(直通)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇http://www.u271.com/ 

メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読メ登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ