メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2007年05月15日]
第320号 やはり「人」から

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇ 

   週刊 メルマガ湯けむり通信 【第320号】  2007年 5月 15日
            http://www.u271.com
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2,675発行 ━◇
 今週のCONTENTS 
 ●コンサルタントの視点 「やはり「人」から」
 ●湯けむりニュース1 注目!!!『温浴業 成功事例FAX新聞』 
 ●湯けむりニュース2 業界初!『スーパー銭湯、健康ランドの業態別・
                 プチリニューアルセミナー ! 』開催
●特別レポート    最新予測「2007年温浴業界はこうなる!」
 ●編集後記
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
■ やはり「人」から

こんにちは、小林です。ゴールデンウィーク前は新規オープンやリニューア
ルが増える時期。今年も昨年に続き、リニューアルのご支援をしておりまし
た。その中でひとつ「うちは都会と違って業績が思うようにいかないね」、
「もうちょっと販促費がつかえたら少しは集客できるかも」「他店と比べて
古いからね」などの意見に出会いました。

しかし、「都市部だから・・・」、「地方だから・・・」という事だけでは
温浴施設の業績は語れない状況があります。すごい田舎だろうと驚くべき集
客数の施設もあるし、都市部でも意外と集客してない施設もあります。また
販促費や施設の新しさに比例して集客が伸びるというのも絶対法則ではあり
ません。

やはり成否の鍵は「人」。その視点でみると繁盛施設には共通している点が
あります。

◆まず「考え方の基準(施設のコンセプト)」が徹底されている
仮にその施設が「〜〜の湯」という名前ならば「〜〜イズム」なるものが明
確に存在します。接客にせよイベントにせよ、何かに取り組む際には店の方
針がハッキリ定まっているため、同じ取り組みでもお客様への伝わり方が変
わってきます。

◆当たり前の事がキチンとできている
お客様に対してキビキビとした接客・受け答えができる。「いらっしゃいま
せ!」、「少々お待ちくださいませ!」、「ただいまお持ちいたします!」、
「デザートをお持ちするのはすぐでよいでしょうか!」、「またのお越しを
お願いします!」等の言葉づかいや、お客様に目配りしながらの立ち居振る
舞いがキッチリとできている。

当たり前のことを書いているようですが、これらがビシッとできているとこ
ろは、基本的にお客様が少ないという事はないでしょう。単純ですが、店に
入った雰囲気だけで良い店かそうでない店かを判断できるのがこの部分です。

◆ユニークな発想力がある
お風呂の入浴剤をただ定期的に変えるのではなく、期間内に全種類の日替わ
り入浴剤風呂に入ればお客さまを表彰する、サウナでロウリュウをする際に
は単なるロウリュウではなく、「熱さの我慢比べ」をお客様と行う。このよ
うに業界では決して真新しくはないサービスを「このお店だけのサービス」
に変えてしまう・・・。

競合店がひしめきあい、設備面での差別化が簡単でない時代、残る部分はア
イデアと工夫、つまり「ユニークな発想」です。

販促費がたくさんある事や施設が新しいからという事、ましてや立地の良い
事が必ずしも業績に直結するとはいえません。販促費を有効に活用するのは
「人」であり、古くても清潔な施設を維持するのも「人」の力。それは立地
の良し悪しを越えて必要なことです。

冒頭の話に戻りますが、業績をあげる可能性はあらゆる施設に平等にあると
いえます。「人」という経営資源を軸に頑張って欲しいと思います。(小林)


◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 湯けむりニュース1

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
          月々なんと6,980円の
         温浴専門コンサルタント!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

     ◇『温浴業 成功事例FAX新聞』のお知らせ◇

業績アップのコツはなんでしょう?あるフランスの有名思想家は語りました。
「発明する方法は一つしかない。それは模倣することだ」我々は、この考え
に深く賛同します。

経営に置き換えてみましょう。成功させる秘訣、それは既にある成功事例を
模倣し、自分なりに昇華させることではないでしょうか。『温浴業 成功事
例FAX新聞』で皆様にお送りするのは、我々船井総研の温浴専門コンサル
タント達が、長期にわたって蓄積してきた成功事例の数々です。

       =お申し込みは下記からになります=
       http://www.u271.com/shinbun/dm.pdf

★FAX新聞の特徴
1.業界初!FAX型情報誌
 船井総研の温浴専門コンサルタントが、温浴業界の方々向けに毎週お届け
 するFAX型情報誌です。

2.成功事例から学べる数々のノウハウ
 船井総研に貯蔵されている、1,000を超える成功事例を毎週2事例ずつお
 届けします。温浴業だけにとどまらず、他業種の事例もご紹介!業界最新
 データもお届けします!
 一例を挙げますと
  ・売店の売上比率が20%もアップした事例
  ・反応率33%、短期間に数百人もの集客を増やすDMのつくりかた
  ・リネンクリーニングの自社化で年1,000万円のコスト削減
  ・女性スタッフをつかったチェックシートで問題点を大解決

3.月々6,980円
 上記の金額は高いと思われましたか?しかし、皆様にお送りするFAX新
 聞は、我々船井総研コンサルタントと我々のご支援先が、莫大なコストと
 時間をかけて得たノウハウなのです。必ずや貴方を成功に導きます!!

4.無料サンプル
 まずはFAX新聞の無料サンプルをご覧ください↓
 http://www.u271.com/shinbun/sample.pdf

5.5日間限定のお申し込み特典!!
 今お申し込みいただいた方には、特典として過去のバックナンバーから厳
 選したもの3週間分をFAXでプレゼント!期限は5月15〜20日までです。
 お早めにどうぞ!

★お申し込み
 ページ右下からお申し込み用紙がダウンロードできます。↓
 http://www.u271.com/shinbun/dm.pdf

★お問い合わせ
 株式会社 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 担当:木村
 TEL:03-6212-2933   FAX:03-6212-2945
 メール:Yuta_Kimura@funaisoken.co.jp

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 湯けむりニュース2

□■ 業界初!!『スーパー銭湯、健康ランドの業態別・
             プチリニューアルセミナー ! 』開催 ■□

スーパー銭湯業態 2007年7月4日(水)12:30〜17:00 弊社東京事務所 
健康ランド業態  2007年7月5日(木)12:30〜17:00 弊社東京事務所 

早いもので2007年も四半期を過ぎようとしていますが、皆様、今年の目
標にむけて日々の進捗状況はいかがでしょうか? 順調?それとも・・・?

◆「いい加減にうちもリニューアルをしなきゃダメかな?」
◆「リニューアルは考えているけど、何をどう変えたらいいんだ?」
◆「本当にリニューアルしてうまくいくのかな?」

など、どうも今までと違った対策が必要になっていると感じている方も多い
と思います。そういった方々のお悩みに全て答えるべく、とっておきのセミ
ナーを今回企画いたしました。それも業界としては初めてとなる、スーパー
銭湯、健康ランドの業態別で開催します。

詳しくは、
http://www.u271.com/seminor/puti-renewal.html
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■ 最新予測「2007年温浴業界はこうなる!」

 新規開業による競争激化やM&Aなど業界動向が激しい温浴業界。
 2007年の温浴業界はどうなっていくのか。全国、世界の温浴施設を奔
走する船井総研温浴チームのスタッフが肌で感じている業界の最新動向と
データをもとに、温浴業界のこれからを大胆に予測!

・無料レポートはこちら→
 http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
             [ 編 集 後 記 ]
・最近、食事のバランスが心配です。しかし現実は、仕事が終わると、やっ
 ぱり自分の好きなものを食べなきゃと、大好きな油ものをオーダーしてし
 まっています。そんな私には、麩を豚肉のように思わせる精進料理(もど
 き料理)が必要なのかもしれません…。(坂井)
・先日、山小屋で食事をしたところ、とてもすばらしいスタッフの笑顔を見
 ることが出来ました。建物は小さく古めかしいのですが、その笑顔にやら
 れてしまいました。また機会があれば立ち寄りたいです(ひえい)

 ◆2007年温浴業界は・・・
 http://www.u271.com/seminor/yu_summit.html

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇ 
          [週刊 メルマガ湯けむり通信] 

 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html

 編集長:坂井 亮子  副編集長:日江井 泰宏 
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴事業コンサルティングチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
 TEL 03-6212-2932(直通)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇http://www.u271.com/

メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読メ登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ