メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年01月07日]
第664号 常に変化する温浴施設

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年 1月7日 
┏┏ 
┏   ●2391部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS 

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『常に変化する温浴施設』

●編集後記 
 『温浴チーム 阿久津の高貴な後記!』

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
 
 人工アルカリ風呂「湯の旅」
 ■来館動機の創出:アルカリ泉=美人の湯 (美容男子市場が狙い目!)
 ■施設の有効活用:既存の浴槽・循環設備を活用
 ■経営の効率化:売上UP、運用コストの削減
 詳細・お問い合わせはこちら↓
 http://www.schliemann.co.jp/
 株式会社シュリーマン
 代表取締役 平野善之
 TEL:03-6459-0073 FAX:03-6893-6333

──────────────────────────────
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────
皆様、こんにちは。
船井総合研究所の中川洋一(なかがわ よういち)です。

年末年始、皆様の店舗の集客状況はいかがでしたでしょうか。
私は、年始に1日だけ実家に帰ることができたので、
家族で温泉に行ってきました。新しくできたばかりの温浴施設に
行ってみたのですが、大変な人気で、ほとんど気が休まらなかったです。

さて、本日は「常に変化する温浴施設」というタイトルでお送りします。
私は無類の温泉好きでして、学生時代は温浴施設で働いていましたし、
大衆浴場から秘湯まで色んなところに行ってきました。
そんな中で、個人的に気に入って定期的に行っている温浴施設が
あります。思い返せばもう10年近くなります。
今でも相変わらずの人気で、私がよく行く21時の時間帯では
たくさんのお客さんがいます。

この温浴施設の他にない特徴といえば、いくつかあるのですが、
皆様にとって参考になるのが「常に変化し続けている」ということです。
ルーティンで行っていることもあれば、新しい取り組みとして
チャレンジしていることなど様々です。
下記のようなものです。

・飲食メニューの更新
・季節のイベントに合わせて館内の雰囲気ががらりと変わる
・お客様の声や写真を掲示する
・アンケート回収に力を入れる
・館内のテレビ設置
・スタッフの服装が変わる
・マッサージチェアや日焼けマシンの導入
・アメニティを変える
・POPの変更
・イベント風呂
・カーペットの張替え
・高単価な物販の販売
・近隣の幼稚園児の書いた絵を掲載する

通常であれば施設は老朽化し、スタッフのサービスレベルも
簡略化が進みダメになっていきます。この温浴施設はスタッフでも
できるコストのかからない改善だけでなく、経営者クラスが
温浴施設の改善に投資をしていることがよくわかります。
私が学生時代に、「この温浴施設は色々な取り組みをしているな」
と感じていたことが、今ではとても重要な取り組みなのだと
わかります。

温浴リニューアルは、1億円投資、2億円投資という
大型リニューアルはもはや出来にくい時代です。
ならば小さな変化、500万円前後の小さなリニューアルを
繰り返すことが大事になるといえましょう。その意味で、
少しづつでもお店を変化させる取り組みが今後益々
重要になるといえましょう。
(なかがわ よういち)

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「阿久津の高貴な後記!」

★皆様こんにちは!編集長の阿久津若奈です。
 年末年始はいかがでしたか?
 船井総研は毎年2日間の全社研修で1年がスタートします。
 今年もだらけた気持ちをたてなおすことができました。笑
 2014年もがんばっていきましょう♪

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:阿久津 若奈
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ