メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年06月10日]
第685号 今、急成長している“シニアビジネス”展開事例!その4

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年 6月10日 
┏┏ 
┏   ●2396部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS 

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『今、急成長している“シニアビジネス”展開事例!その4』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム 阿久津の高貴な後記!』

────────────────────────────── 
★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────
皆様こんにちは!船井総研の吉澤です。
全国各地、徐々に梅雨入りし始めました。
私のお付き合い先は飲食店も多いので、
天候との戦いのシーズンです・・・!
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

前回の私の記事では「介護施設向け給食事業」の開拓で
業績を拡大させている事例について、
「どんな介護施設が今回のターゲットになるのか?」というテーマで
お伝えいたしました
(バックナンバー ⇒ http://www.u271.com/mm/mb651_700/mb679.html)。

今回は「実際にどれくらいの売上と利益が上がるのか?」の
魅力についてお伝えさせていただきます。

?B実際にどれくらいの売上と利益が上がるのか?
 あなたがこの事業を展開したら、どれだけの事業規模が
期待できるのか?実は、この数字は明確にシミュレーションが
描けます。結論としては、「1施設開拓につき、年商1300万円、
年間粗利780万円」。
これが、あなたが得られる売上と利益の平均値イメージです。
もう少し具体的にお伝えすると、売上シミュレーションは
下記のように算出されます。

1施設当り売上=1食当り単価×1日当り供給食数×1施設当り利用人数×年間供給日数

「1食当り単価」はおよそ400円。「1日当り供給食数」は1日3食。
「1施設当り利用人数」は平均30人。これらは過去、
私たちが取り組んできた結果から見る平均値です。
もちろん、施設の規模も大小ありますが、
おおよそこのような数字に集約されてきます。
これを「365日」提供することで得られるのが
先の売上、利益高になる訳です。

さて、話を本題に移します。
改めて、あなたが介護施設給食事業に参入した時に得られるのは
「1施設開拓につき、年商1300万円」。
もしもこれが10施設開拓できたら?
単純計算で事業規模は1億円を突破します。

マユツバですか?そう考えられてもおかしくないかもしれません。
ですが、これが現実に叩き出されている数字なのです。

以上を踏まえ、勘の鋭いあなたならもうお気づきかもしれません。
このモデルは「いかに早く、日々お食事を提供する契約先を
ストックしていけるか」、つまり「着手のタイミングと展開スピードを、
いかに圧縮して早期展開できるか」が最大の鍵となります。
よくこの事業についてお話しする中で
「いやぁ、たしかにすごいのは分かるけど、
うちの周りにはあんまり介護施設ってないんだよなぁ」
「そもそもニーズがあるのかどうか・・・」という声をよく聞きます。
が、実はこれが大きな誤り。
よくよくあなたの周りにある介護施設について、調べてみてください。
中小零細まで洗い出すと、実はとんでもなく沢山の施設があることに
気づくはずです(これは簡単にインターネットで、無料で調べることができます)。
もちろん中には、本当に施設数が限られた“過疎地”的なエリアもあります。
しかしそういった場所はとりわけ代行ニーズが高く、
かえって高確率で契約がバシバシとれたりします。
それだけ介護業界はここ数年で発達してきており、
お困りごとも多く顕在化してきているのです。
厨房を持つ温浴施設としては、
極めて魅力的なマーケットだと思っております。
(よしざわつねあき)

*介護施設向け給食に関する全ての最新事例・ノウハウをお伝えするセミナー、開催決定!!*
・7月25日(金)@大阪
・7月26日(土)@東京
2会場限定で開催決定です!会場の都合上、お席に限りがございます。
ご参加希望の方はお早めにお申し込み・お問い合わせください!

お問い合わせ先
船井総合研究所 東京第一経営支援部
宅配・通販ダイレクトマーケティンググループ
吉澤恒明
TEL:03−6212−2931
Phone:090−6409−9424
E−Mail:t-yoshizawa@funaisoken.co.jp

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

【NEW】6月5日
 『つよくなるぞ!』

◇5月27日
 『温浴事業開発 〜その1〜』

◇5月22日
 『増税で料金変更しました?』

◇5月15日 海老原隆行
 『出てきた!』

◇5月8日 相良祐司
 『温浴事業の経営戦略』

◇5月1日 今井隆昭
 『銭湯行ってきました』

◇4月24日 海老原隆行
 『あなたの施設はどんな?』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 
──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「阿久津の高貴な後記!」

★皆様こんにちは!編集長の阿久津若奈です。
 体調を崩す人が増えてきましたね。
 気圧が下がると、身体への負担も大きいみたいです(><)
 早くからっと晴れた夏になってほしいです〜!!

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:阿久津 若奈
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ