メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年06月24日]
第687号 温浴開発で知っておきたいこと

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年 6月24日 
┏┏ 
┏   ●2392部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS 

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『温浴開発で知っておきたいこと』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム 阿久津の高貴な後記!』

────────────────────────────── 
★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────
こんにちは、温泉・温浴経営コンサルタントの相良(さがら)です。

この時期、温浴施設の開発とかリニューアルをなんだかんだで
5件くらい同時にコンサルティングしてます。
「こんなお風呂をつくりたい」
「あそこの店の風呂はよかったね。あんなのやりたい。」
社長との打合せは夢が膨らみます。

どんなお風呂アイテムを設置するか。とても大事なことです。
ただ、これには目安にすべき基準があります。
それが、以下の項目。

『集客力』:文字通りそのお風呂(浴槽)があれば、
      どれくらい集客できるか?
『差別化の維持力』:永きにわたり、他店と差別化できるお風呂か?
『変化力』:お客様を飽きさせずにいつまでも人気の
      お風呂でいられるか?
『設置の容易度』:無理して設置しなくてはならないか?
『メンテナンスの容易度』:メンテナンスは難しくないか?
 
お風呂アイテムごとの投資額は当然ですが、
以上の5つが大事な基準なのです。
試しに有名な炭酸風呂というお風呂アイテムで見てみましょう。

1.集客力はあるか?
  ⇒あります。人気のお風呂なんで、高い集客力を発揮します。
2.差別化は維持されるか?
  ⇒残念ながら「否」。他の店もみんな持ってます。
   持ってなくても次のリニューアルで他店は多分設置してきます。
   それほどポピュラーなアイテムです。
   ※巨大な炭酸風呂をつくるんなら、他店は真似できないので、
    差別化状態は維持されます。
    ただまぁ、ランニングコストが大変でしょうかね。
    大きくなると、男女で毎月25万円、年間300万円以上を、
    炭酸=二酸化炭素に費やすことになります・・・。
    だから多くの店の炭酸風呂は小さいままなのです。
 3.変化力はあるか?
   炭酸風呂はアレンジが効きにくい風呂アイテムです。
   お花を浮かべたり、色をつけたり、湯温を変化させたりす   
   るのは結構大変でなかなか難しいです。理由は色々ありますが、
   ここでは割愛させてください。
 4.設置の容易度
   結構容易です。元々は白湯(普通の浴槽)だったものが、
   リニューアルで炭酸風呂になることは多々あります。
   要するに後から付け足す事が出来るのです。
 5.メンテナンスの容易度
   ほぼ問題ないですが、ダメな場合があります。
   浴槽タイルの目地材質が不適切なままで炭酸風呂をつくると、
   炭酸が目地剤を溶かします。日々めくれてくるタイルとの
   格闘になります。こんな場合は、思い切って店を休み、
   浴槽の修繕を行う必要があります。事前に施工にはそのあたりを
   よく知っている設計士さんと組む必要があります。
 
さてどうでしょう。人気のアイテムで集客力がある、
しかも設置も容易な炭酸風呂ですが、差別化や競争優位性が
維持されにくく、メリハリ(変化)も出せず、場合によっては
メンテナンスに手を焼く。となれば、ちょっと設置を考えてしまうケースも
出てきます。(なんで、実際にコンサルティングで顧問先に
検討してもらうときは、各基準に点数をつけて、設置優先順位を
ハッキリさせます)
まぁ実際は、炭酸風呂単独でお店の強さや集客力を判断せずに
他の種類のお風呂(浴槽)との組み合わせで考えます。
 
結果的に炭酸風呂も設置しましょう、という事もよくありますが、
時として、「優先順位低いし、やっぱ見送りましょう」
という事だって結構あります。

温浴施設の開発やリニューアルをする際、
いったいどんなお風呂(浴槽)をつくるか?
構想を練るときは楽しい時間なのですが、
5つの基準は大事ですぞ、とお伝えしたいわけです。
(さがら ゆうじ)

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

【NEW】6月20日
 『温浴施設開発 〜その2〜』

◇6月12日
 『ワールドカップ開催!』

◇6月5日
 『つよくなるぞ!』

◇5月27日
 『温浴事業開発 〜その1〜』

◇5月22日
 『増税で料金変更しました?』

◇5月15日 海老原隆行
 『出てきた!』

◇5月8日 相良祐司
 『温浴事業の経営戦略』

◇5月1日 今井隆昭
 『銭湯行ってきました』

◇4月24日 海老原隆行
 『あなたの施設はどんな?』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 
──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「阿久津の高貴な後記!」

★皆様こんにちは!編集長の阿久津若奈です。
 昨日、帰り道なんか盛り上がってるな〜と思っていたら、
 映画『マレフィセント』のジャパンプレミアをやっていました。
 アンジーめちゃかっこよかったです☆
 ディズニーだし、早く観たくてしょうがないですね〜^^

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:阿久津 若奈
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ