メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年08月12日]
第694号 安定利益実現を基軸に!

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年 8月12日 
┏┏ 
┏   ●2282部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS 

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『安定利益実現を基軸に!』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム 阿久津の高貴な後記!』

────────────────────────────── 
★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────
こんにちは、温泉・温浴経営コンサルタントの相良(さがら)です。
もう何年ぶりでしょうか。この仕事にかかわり10年以上たちますが、
今年は温浴業界で多くのお金が動く、極めて注目すべき年になりました。

先週も2件・3件とリニューアルや新規出店の話を聞きました。
そうなると特にまだリニューアルを考えていなかった既存店も
「うちもそろそろリニューアル工事しないとダメかな」と
考えるようになります。
ますます業界への投資は加速しているのです。

ここで新規出店にせよリニューアルにせよ、
どんな店づくりをすればよいのでしょうか。
言い切ってしまえば、やる以上は利益がずっと出続ける、
という考えを基軸にすべきです。手ごたえがないモヤっとした計画で進めると、
数年後に苦労することになります。

さて、利益が出続ける店づくり。
ひとつは先々月のメルマガでも少し触れましたが、
差別化状態がずっと維持されるという視点が必要です。
http://www.funaisoken.co.jp/mailmagazine/mailmagazine_detail.html?mailmagazine_id=18852
すぐに真似されたり、さらに自店よりも大規模に実施されたりすれば、
集客は減り利益も下がり、投資回収や事業計画はすぐに狂いはじめます。
その意味で時々メルマガでも触れている他社が簡単には踏み込んでこない
「浴場での撮影サービス」や「大騒ぎできる滑り台風呂」は理にかなっています。

もうひとつは、今から伸びていく市場を取り込むこと。
注意点は今のお風呂商売をベースにすることです。全く関係のない、
相性もよくない新規事業を無理やり投資して付加したところでリスクが高まるだけです。

今のお風呂商売がベースになる、あるいはお風呂と相性が良いサービスの視点ならば、
例えば何でしょう。当然早朝風呂、24時間風呂は典型例で、
投資はそれができるだけの設備回収に回すということになります。
また、今更ながらコインランドリーを拡大設置することもそれにあたるでしょう。
これらはまず赤字になる事はありません。

どれも景気に左右されず、実行すればずっと伸びていくもの。
安定利益を目指した店舗開発やリニューアルにはもってこいです。

ここでもう一点無視できないのは、コストの異常な上昇です。
電気代や燃料代、昨年と比べてどうでしょう。ひどい場合だと
前年比で月50万円以上もコスト増となっている項目になっており、
不安で仕方ない材料です。ならば出店やリニューアルの際には、
高いスペックかつ今後も低コストを維持してくれる設備機械が
重要になります。海外事情・国際情勢で大きく上下する燃料の比率は
なるべく下げておきたいところです。また同時に、省エネならぬ、
省オペレーションを意識した店舗レイアウトなども、
今後ますます大事になるでしょう。

温浴業界はかつての投資ラッシュから既に10年近くが立ちました。
外部環境や内部環境が大きく変化した期間だっただけに、
業界に新たな出店やリニューアルの話が飛び交う中で、
自らの店も投資を行い次のステージを目指すのならば、
安定利益がしっかりと確約できるほどの知見や考察、
つまり10年分の業界の進化を活かして、
投資を実行していきたいものです。
(さがら ゆうじ)

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇8月7日
 『一気に改修 < 小まめな改修』

◇7月25日
 『素直・勉強好き・プラス発想』

◇7月17日
 『お店づくりは物語で!』

◇7月8日
 『温浴施設開発 〜その3〜』

◇7月6日
 『世界の温浴施設に目を向ける』

◇6月26日
 『温浴経営の要』

◇6月20日
 『温浴施設開発 〜その2〜』

◇6月12日
 『ワールドカップ開催!』

◇6月5日
 『つよくなるぞ!』

◇5月27日
 『温浴事業開発 〜その1〜』

◇5月22日
 『増税で料金変更しました?』

◇5月15日 海老原隆行
 『出てきた!』

◇5月8日 相良祐司
 『温浴事業の経営戦略』

◇5月1日 今井隆昭
 『銭湯行ってきました』

◇4月24日 海老原隆行
 『あなたの施設はどんな?』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 
──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「阿久津の高貴な後記!」

★皆様こんにちは!編集長の阿久津若奈です。
 実家に帰省してきました。
 そして地元で美味しいと噂の焼きカレー食べてきました。
 火傷しましたけど(笑)、すごくおいしかったです〜♪

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:阿久津 若奈
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ