メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年08月26日]
第696号 施設開発、店舗運営の方向性

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年 8月26日 
┏┏ 
┏   ●2281部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS 

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『施設開発、店舗運営の方向性』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

────────────────────────────── 
★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────
こんにちは、海老原です。

アベノミクスが発表され約2年が経過しました。

今年6月時点で前年対比1.3%のインフレ率となったようです。
それまでの約20年間は大まかにデフレ傾向でしたので、
ここ最近のインフレは新たな傾向といえるでしょう。

この業界に目を向けると、つい先日、
○○湯さんの新たなブランド店がオープンしました。
リニューアル施設も
発表になっているものだけでもよく目につきます。
2007年をピークに下落傾向にあったこの業界にも久々に
開発・リニューアル案件が増えていることがわかります。

これまでの開発と同様かというと違う気がしてます。
苦しんできた年月の間にノウハウを溜めたところが、
業態を進化させて出店している傾向に見受けられます。
新たなコンセプト、浴槽力などなど。。。

インフレという新たな潮流を機に、業界においても
新たな潮流が出始めていることが感じとれます。
(たまたまなのかもしれません。。。
正確に判断するにはもう少し時間がかかることでしょう)

この新たな潮流をうまく捉えることが、
開発、リニューアルを成功させるには大事になりそうです。

これまでのデフレ下でお金を使わないように
安さ安さを求めてきましたが、インフレになると
安さだけで押し切れるものではありません。
インフレ下では、お金を出すようになるでしょうが、
これだけ長いデフレが続いた学習から、
お金を出すに値するコストパフォーマンスが
見られることになると個人的には予想します。
コストパフォーマンスが認められればお金は
出しやすくなるでしょう。
これまでも同じでは?とお思いかもしれませんが、
コストパフォーマンスの作り方が
デフレ下とは違ってきたことになると思います。
当然、周辺施設との差別化を図っていくのですが、
“脱差別化”思想で望むことも場合によっては
必要かも知れません。
脱差別化とは、たとえば国内の携帯電話は差別化を
図るために機能付加、開発を繰り返してきました。
ところが、iPhineがでてきた瞬間に、これまでの差別化では
対抗できなくなりました。iPhoneは差別化発想ではありません。
差別化発想だった日本からは残念ながら出せなかったのです。
もしかしたらこの業界でも。。。。

ひとつの見方として、1980年代に健康ランドが、
1990年代にスーパー銭湯が、2000年代には
スーパー銭湯の付帯部門付加、日帰り温泉がでてきたように、
2010年代にはどんな業態が出てくるでしょうか?
2015年が見え始め、インフレという新たな潮流が
出てきたこの時期に、2010年代はこうだったといえるような
何かが生まれる期待を個人的にしております。
開発、リニューアルをご計画の方は
ワクワクしてこの時期をお迎えくださいませ!


先月、研究会会員様を中心に新規開発、
リニューアルの方向性について温浴チームメンバーで
お話させていただきました。
詳細はここでは省きますが、
詳しく聞きたいという経営者様はお気軽にお問合せくださいませ。


(温浴ビジネスチーム 海老原隆行)


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇8月20日
 『温浴施設開発 〜その4〜』←new!

◇8月7日
 『一気に改修 < 小まめな改修』

◇7月25日
 『素直・勉強好き・プラス発想』

◇7月17日
 『お店づくりは物語で!』

◇7月8日
 『温浴施設開発 〜その3〜』

◇7月6日
 『世界の温浴施設に目を向ける』

◇6月26日
 『温浴経営の要』

◇6月20日
 『温浴施設開発 〜その2〜』

◇6月12日
 『ワールドカップ開催!』

◇6月5日
 『つよくなるぞ!』

◇5月27日
 『温浴事業開発 〜その1〜』

◇5月22日
 『増税で料金変更しました?』

◇5月15日 海老原隆行
 『出てきた!』

◇5月8日 相良祐司
 『温浴事業の経営戦略』

◇5月1日 今井隆昭
 『銭湯行ってきました』

◇4月24日 海老原隆行
 『あなたの施設はどんな?』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 
──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

★皆様はじめまして!NEW編集長のナガスマリコです。
 温浴チームに最近仲間入りしました。
 東京下町出身で、まち中に銭湯のある風景のなかで育つこと
 ○○年・・・。
 前編集長はににこにこ癒し系で程遠いわたくしですが、
 湯けむりの様に消えぬよう努めて参りますので
 よろしくおねがいします・・・。

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:阿久津 若奈
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ