メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年09月09日]
第698号 大型投資だけがリニューアルではない

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年 9月9日 
┏┏ 
┏   ●2380部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS 

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『大型投資だけがリニューアルではない』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

────────────────────────────── 
★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

皆様、毎度でございます!船井総研の今井でございます。
ここのところ我々温浴チームではセミナーや研究会で
「今年は業界に開発の波がきている」とお伝えしています。

業界的に見ても、
東京都内も豊洲や大手町といった都心部を中心に
大型施設の建設が決まったのは
皆さんもご存知のことかと思いますが、
郊外には大型のチェーン店も出店が次々と決まっているようです。
このような中、実際に皆さんの目の前に
競合店が新規出店してきたら
どうするかお考えになったことはありますか?

まず大事になるのが
先手を打っておくことが必要になってきます。
売上も利益も潤沢であれば大規模投資でのリニューアルを行い、
迎え撃ちたいところです。

しかし…残念ながらこの市場のダウントレンドの中では
大規模投資は体力的に厳しいお店も多いのが現実です。
そこに加え設備の老朽化による修繕費の発生や、
燃料代の高騰により投資という言葉すら
考えられない状況になっているかもしれません。

仮に丸腰で競合の新規を許してしまった場合、
これは経験則ですが自店の客数が前年比で2割程度は減少します。
無論そこからの挽回はかなりの労力と期間を要し、
業績はもはや青色吐息状態になってしまいます。
 
では対策はどうしていくか?

当然1億円を超える規模の投資、
つまりいわゆる「リニューアル」で迎え撃つのもひとつの方法です。
もうひとつは、
まず周囲の出店情報にはアンテナを張り巡らせ
情報を得ることも大事ですが、
それより我々がメルマガやセミナーなどでお伝えしている
「連続投資でお店の価値を上げ続ける」ことです。
100万〜1000万円で済むような比較的規模の小さな小額な投資、
いわゆる「プチリニューアル」を連続して行うことです。

今年は300万円、来年は100万円、再来年は800万円といった感じですが、
これには自店のキャッシュの推移を把握しておくことが
重要なことはいうまでもありません。
3年後くらいまでの「プチリニューアル」を計画し、
そのために今年度はいくらの利益や現金を
積んでおかねばならないかを確認し、
計画に沿った運営を行うことになります。

こうした投資や、それこそ10万円程度の現場改善の費用を
毎年の運営で行っていけば、店は少しずつ変化し、
2〜3年経てば別のお店に生まれ変わります。
設備自体は現状維持でも店内・外の雰囲気やサービス内容の
改善が出来ればそれは立派なリニューアルと呼べるものになるからです。
 
繰り返しますが、リニューアルには2種類あります。
今回お話したのは、
小規模連続投資でもリニューアル効果が出せるということ。
実際に実施された経営者は、温浴施設経営研究会の会員さまの中にも
多数いらっしゃり、今もお店を少しずつ変化させていることで
他店との差別化を図っておられます。

皆さんもリニューアルは金が掛かるもの…という認識だけではなく、
小規模投資を連続して行い、
競合に新規出店されてもビクともしない
魅力あるお店にして頂きたいと思います。


(いまい たかあき) 


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇9月5日
 『投資するためにも・・・』←NEW!!

◇8月28日
 『一番の作り方』

◇8月20日
 『温浴施設開発 〜その4〜』

◇8月7日
 『一気に改修 < 小まめな改修』

◇7月25日
 『素直・勉強好き・プラス発想』

◇7月17日
 『お店づくりは物語で!』

◇7月8日
 『温浴施設開発 〜その3〜』

◇7月6日
 『世界の温浴施設に目を向ける』

◇6月26日
 『温浴経営の要』

◇6月20日
 『温浴施設開発 〜その2〜』

◇6月12日
 『ワールドカップ開催!』

◇6月5日
 『つよくなるぞ!』

◇5月27日
 『温浴事業開発 〜その1〜』

◇5月22日
 『増税で料金変更しました?』

◇5月15日 海老原隆行
 『出てきた!』

◇5月8日 相良祐司
 『温浴事業の経営戦略』

◇5月1日 今井隆昭
 『銭湯行ってきました』

◇4月24日 海老原隆行
 『あなたの施設はどんな?』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 
──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは。NEW編集長のナガス(NGS)です。
 9月8日は中秋の名月!
 でしたが東京はあいにくの雨。お月見は中止となりました。
 そんな中、大変私事で恐縮ですが、
 昨日姉が女の子を出産しました!
 名前は「月」に関連させるのでしょうか。はてさて、どうなんでしょう。
 それではまた来週。Moimoi!
 

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ