メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2014年10月28日]
第705号 50万円伸ばすか5万円削るか?

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2014年10月28日 
┏┏ 
┏   ●2361部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS
 
●湯けむりニュース
 『大復活・大成功の温浴社長の奮闘記が無料レポートで!』

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●コンサルタントの視点
 『50万円伸ばすか5万円削るか?!』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆◆大復活・大成功の温浴社長の奮闘記が無料レポートで!◆◆

 〜 右肩下がりだったお風呂屋さん、

超地元密着型経営で前年比120%超の常勝店に大変身!〜
 のご紹介

↓ ↓ 無料レポートは、下記ホームページにてご紹介中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/100jirei_16.html


全国の繁盛店は、基本的にこの法則で業績を伸ばし続けています!

もちろん、業績を伸ばすポイントはお店の規模に関係ありません。

150坪の小規模施設の「右肩下がりだった業績」を見事に
V字回復させた経営者の「生体験」が記載されています!

「どうしたら業績が伸びる?」「どうやったら業績を回復させられる?」と、

悩む前に、レポートから『知恵と元気』を感じて下さいませ!

レポート最後に、紹介した社長がゲスト講師として「生の声」を披露する
人気の恒例セミナーをご紹介しています!

↓ ↓ 無料レポートは、下記ホームページにてご紹介中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/100jirei_16.html


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
    携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつまるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

こんにちは、海老原です。

早速ですが、
利益を上げるのには、どうしたらいいでしょうか?


単純に考えて、売上を上げるか、費用を下げるかですね。
(当たり前ですみません)

多くの支配人クラスの方は、
利益は、売上から費用を引いた結果だ、
と考えられていることが多いです。

   売上 − 費用 = 利益

その通りなのでが、これだと費用が膨らむ傾向があります。
費用がこれだけ掛かるんだからしょうがない、
それだけ費用が掛かるんだから利益はこれしかのこらない、
という思考が拝見していると強くなるようです。

儲かっている施設は違います。

   売上 − 利益 = 費用

利益を先に確定してしまいます。
確定した利益を売上から引いた残りが費用=使える額
という考えをしています。
(当然、適切な売上、利益があっての上です)
これだと費用として使える額は決まりますので、
どうにか日々の中で工夫しなくてはなりません。

温浴施設は人件費、水光熱費をどうコントロールするかで
大方の費用を抑えることになります。

大半の施設ではアルバイト・パートさんに活躍いただいて運営しています。
平日だから○人必要、日曜日だから○人必要、
というだけになってませんか?

そもそも今月は人件費としていくら、何時間使えますか?

毎月売上は変わりますから、使える額(時間)は変わって当然です。
目標とする売上に人件費にかける比率を掛け合わせると、
その月に費やせる人件費の額がでてきます。
(儲かっている施設はおよそ15%です)
そこから、社員の人件費を引くことで
アルバイト・パートさんたちの使える額が算出されます。

   使用可能アルバイト・パート人件費 
   = 予測売上 x 目標人件費率(15%) − 社員人件費

使用可能アルバイト・パート人件費に自施設の平均時給で割れば、
使用可能時間が算出されます。

   使用可能アルバイト・パート時間 
     = 使用可能アルバイト・パート人件費 ÷ 平均時給

ここからはじめて、シフト作成となります。
シフト自体にメリハリをつけ、ムダをなくすことが大事になります。
平日、日曜日などの“日”ごとの管理ではなく、
日+“時間”の設定が必然的に必要になってきます。

えっ!これじゃ足らないよ・・・!ということであれば、
この使用可能時間内でできる工夫を社員も、
アルバイト・パートもしなくてはなりません。
業務を見直す必要があります。

水光熱費も同様な考えです。
いくらここに掛けられるかは決まっているのです。
毎日、メーターを見て使用量を測ることはもちろん、
空調の温度設定、こまめなスイッチオフ、フィルターの清掃、
お湯漏れ防止などを積み重ねていく必要があります。
特に重油代はこの円安で高騰しており、湯温を下げない工夫は必須です。

たとえば月商1千万円、営業利益率10%の施設があったとします。
営業利益率をさらに5%伸ばそう!としたとき、
同じ経費比率で売上を50万円伸ばすのか、売上はそのままで
経費を5万円削るのか?どちらをとりますか。

経費ばかりに目がいって、売上(特に客数)が下がっては
意味がないので、私たちも優先順位を持って
ご支援に関わらせていただいてます。

いろいろな運営に関わる話が直に聞ける機会をつくりました。
ぜひ足を運んでくださいませ!

http://www.u271.com/seminor/100jirei_16.html

何かのお役に立てれば幸いです。



(海老原)

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇10月23日
 『温浴施設開発 〜その7〜』 ←NEW!!!

◇10月17日
 『事業継承する為に』

◇10月9日
 『施設開発・リニューアルの後は!』

◇10月2日
 『温浴施設開発 〜その6〜』

◇9月29日
 『独自固有』

◇9月16日
 『業績は立地○割?!』

◇9月10日
 『温浴施設開発 〜その5〜』

◇9月5日
 『投資するためにも・・・』



記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 
──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは!編集長です。
  今日の東京はすっきりとした秋晴れが気持ち良いです♪
 こんな日は、パラグライダーで空中散歩してみたい。
 そんな気分です。
 
 それではまた来週!
 

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ