メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年03月03日]
第722号 温浴事業に新規参入

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年3月3日 
┏┏ 
┏   ●2373部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『リニューアルを大成功させた温浴社長の奮闘記が無料レポートで!』

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『温浴事業に新規参入』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆◆リニューアルを大成功させた温浴社長の奮闘記が無料レポートで!◆◆

〜まるわかり! 温浴施設の出店開発&リニューアル!
    売上、客数が3ヶ月で倍増する強力なお風呂屋さんとは!〜
のご紹介

↓ ↓ 下記ホームページにてご紹介・お申し込み受付中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/kaihatsu2015.html


全国では新店舗開発やリニューアルなどが始まっています!

しかし良く聞く社長たちの本音は
「本当にこれで温浴事業は成功するのか?」というもの。

大丈夫です!
このセミナーでお伝えする成功施設こそがその答えとなります!

「賑やかで騒がしい浴場づくり」で
見事に350坪の施設の売上・客数を倍増させた経営者の
「生体験」が記載されています!

「どうしたら開発はうまくいく?」
「どうやったらリニューアルが成功するのか?」と、

悩む前に、このセミナーに参加して
『効果実証済みの成功の形』を学んで下さいませ!

レポート最後に、紹介した社長がゲスト講師として「生の声」を披露する
人気の恒例セミナーをご紹介しています!

↓ ↓ 無料レポートは、下記ホームページにてご紹介中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/kaihatsu2015.html


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

□□光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!■■

前年比180%に成功したノウハウ公開中!
詳しくはこちらまで
https://www.vana4132.jp/lp2/
温浴施設の燃料関係(価格・燃転・炭酸ガスなど)にまつわる
ご相談やお悩みの方もお待ちしております。

株式会社イングコーポレーション
担当 佐川
TEL 048-541-3804 FAX 048-541-3147


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

こんにちは、温泉・温浴経営コンサルタントの
相良(さがら)です。
昨年までまったく考えてもいなかった温浴事業を
突然やることになる・・・。

そんな話は、地域で商売をやっている方には、
ごく当たり前になりました。
理由はシンプルで、色んな温泉施設の
運営の担い手が不足しているからです。

よくある例は、
全国の自治体が有している温泉施設で募集される
指定管理者制度の運営企業です。
制度がスタートして何年か経過しましたが、
地域ごとに事情は様々ながら、時として応募者が不足し、
困った自治体側から、地元企業にお声がかかるのです。
「地元温泉施設の、
来年度の指定管理者制度に応募しませんか?」と。

 まだあります。
「温泉施設が閉店するので、やってみないか」という話。
これは施設の土地オーナーから
持ちかけられる事が多いと思っております。

 いずれにせよ、
「え?うちの会社は温泉事業は素人ですよ」と思うものの、
いざお声がかかると色々と検討し、
結果的には「ひとつやってみるか」と
新規参入するケースが出てきます。
実はこういう話は、今にはじまったことではなく、
あっちこっちで以前から普通にある話です。

では、参入を検討する段階になったら何をすべきか。
当然ですが、事業性をチェックすることです。
そういったことを有料ながらやってくれる企業は、
弊社も含めてあるはずです。

事業性が見込めたら、次は何をするか。
事業性があるということは、エリア内の温浴市場を取り込み、
事業性を確保する、という事ですので、
そのために必要な事へ手を打つわけです。

入浴料、営業時間、サービス内容などは当然決めていきますが、
どんな温泉施設にするかが、最も大事なことでしょう

つきつめると、
それは浴場に端的に表現することになります。
露天風呂や炭酸風呂、サウナはもはや当たり前すぎて、
事業性を確保するアイテムとしては力不足。
集客力があり、競合優位性が保てるお風呂アイテムが
重要になります。

大きな滑り台がついた家族風呂、
でっかいタコの形をしたお風呂、
泥まみれで大騒ぎするお風呂、
圧倒的な映像で魅了する「プロジェクション風呂」、
春夏秋冬ごとに浴場がドラスティックに変化する大壁画風呂など、
ちょっと調べるとユニークな浴槽や
お風呂アイテムはかなり沢山あります。

誰をメインターゲットにするか、
経営資源を投入するタイミングは一年のうちどこか、
利益の源泉に何をあてるか、
営業時間と価格はどうするか等は、
事業性診断あたりで決まりますが、
それによってどんな温泉施設をつくるかについては、
情報はなかなか少ないかもしれませんが、
意外と幅広いものがあります。

温浴事業、温泉事業に新規参入するならば、
こういう事を知った上ではじめたいところです。


(相良 祐司)



◆温浴事業参入、新規開発、
  リニューアルに関する無料レポート公開中です。
 「売上増200% 温浴施設の開発&リニューアル!
  大騒ぎオッケーの泥風呂で一躍繁盛店に躍り出る!」
    http://www.u271.com/seminor/kaihatsu2015.html




──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇2月26日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その6〜』←NEW

◇2月22日
 『業界での出来事から』

◇2月12日
 『forからwithへ』

◇2月5日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その5〜』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは!
 雛人形は毎年必ず飾る編集長です。

 日曜日にオープン戦を観てきました!@東京ドーム
 今年もビール片手に
 たくさん応援しに行きたいと思います!
 
 それではまた来週!
 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ