メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年05月12日]
第731号 温浴施設開発と投資規模

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年5月12日 
┏┏ 
┏   ●2334部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『年商3億円の温浴施設が利益200%に!?』

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『温浴施設開発と投資規模』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆◆年商3億円の温浴施設が利益200%に!?
 「たったこれだけ!
  温浴社長が5つの仕組みで
  利益を倍増させるためのセミナー」のご紹介◆◆


↓ ↓ 下記ホームページにてご紹介中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/riekibaizou20150427.html


全国では様々なことに悩んでいる
温浴施設の経営者が沢山居ます!

例えば
・業績が伸び悩んでいる
・現場運営が仕組み化されていない
・先の見通しが立たない
・ドラスティックに利益を伸ばしたい
・営業利益率20%を目指したい
・もっと効率的な運営方法を知りたい
               
 …など、良く聞く社長さんたちの本音を総じれば
「どうやれば利益を出せるか?増やせるか知りたい」というもの。

大丈夫です!
このセミナーでお伝えする内容こそがその答えとなります!

「5つの仕組みづくり」で
見事に利益を倍増させた経営者の
「生体験」をお伝えします!

「どうしたら仕組みはうまく実現できる?」
「どうやったら利益が倍増するのか?」と、

悩む前に、このセミナーに参加して
『効果実証済みの成功の形』を学んで下さいませ!

ホームページでは成功を体現した経営者が、
ゲスト講師として「生の声」を披露する、
人気の恒例セミナーをご紹介しています!

↓ ↓ 詳しい内容は、下記ホームページにてご紹介中 ↓ ↓

http://www.u271.com/seminor/riekibaizou20150427.html




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 〜都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます〜

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

□□光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!■■

前年比180%に成功したノウハウ公開中!
詳しくはこちらまで
https://www.vana4132.jp/lp2/
温浴施設の燃料関係(価格・燃転・炭酸ガスなど)にまつわる
ご相談やお悩みの方もお待ちしております。

株式会社イングコーポレーション
担当 佐川
TEL 048-541-3804 FAX 048-541-3147


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

こんにちは、
温泉・温浴経営コンサルタントの相良(さがら)です。

まだまだ来ています。
温泉施設開発のご相談案件。
多いので、現場運営の話は
いったんご勘弁いただき、開発と投資のお話を少し。

特徴は相談してこられる案件の規模が
大きくなっている傾向でしょうか。
5億円、10億円、あるいは15億円投資して
デッカクやりたい、ということです。

 ここで気をつけたいことが一点。

10億円投資、15億円投資して成り立つ温浴事業は、
よほどの立地です。
成立する立地は
全国の大小都市でもそれほど多くない。
だから、事業を硬く考える社長さんたちは、
小規模温泉からはじめられるわけです。
それなら投資額は3億〜4億円です。

10億円投資して出来上がる温浴施設の
計画段階の収支をざっと書くと、

■年間売上 4億円
■原価 7000万円
■粗利 3億円3000万円
■人件費 4500万円
■家賃 5000万円
■水道光熱費 6500万円
■減価償却費 3000万円
■販管費・その他 8000万円
■営業利益 6000万円

というあたりになるのではないでしょうか?
 
これだと生まれたキャッシュで
毎年返済して、
ざっと15年前後で投資回収。

微妙ではありますが、
現実は事業開始して何年かたつと判明します。
意外と経費項目が増減するのです。
特に水光熱費は、
燃料や電気代の仕入れ単価により
大きく変動、結果として
利益が想定するより大きかったり、
小さかったりと不安定になります。

利益が上ぶれするならまだしも、
下にぶれたときは大変で、事業者としては
不安な日々を送ることになるわけです。

こうならないように何をすべきか。

ひとつは、変動リスクが大きい水光熱費を、
なるべく小さく抑えること、
もしくは変動しないように手を打つことです。
簡単ではないですが、
省エネルギー系の設備ではなく、
コストそのものを抑える機器を
設計企業や設備企業と
見つけ出すのが有効と思っています。

もうひとつは、
コストが変動してもリスクが少ない、
そもそも小規模な
投資・小規模な温泉施設とすることでしょうか。
売上や利益は減りますが、
コスト規模も小規模なので、
コストが変動しても、
事業計画が大きくブレることはありません。

開発の話が増え、温泉施設としては
大型投資が増えているので、
ひとつこのように書かせてもらいました。

業界では床面積800坪以上になってくると、
大型投資といえます。
当然投資額も10億円を超え、
投資回収のリスクは先述の理由で高まります。

事業が成立する立地ならばよい。
そうでないならば、慎重さが必要なのでしょう。


(さがら ゆうじ)



──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇5月7日
 『温浴施設開発 立地』←NEW!

◇4月30日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その9〜』

◇4月24日
 『業界的判断は?』

◇4月16日
 『現場運営サイクルを回すには?』

◇4月9日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その8〜』

◇4月3日
 『開発に「独自性」を』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは!最近メガネをしている編集長です。
 
 GWは山でキャンプとBBQ、
 牧場でポニーとふれあい、海で日光浴をしました。
 焼いたマシュマロが
 とっても美味しく、衝撃を受けました!
  
 それではまた来週!
 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ