メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年07月28日]
第742号 生き残りをかけた取り組み

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年7月28日 
┏┏ 
┏   ●2330部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『売上・客数130%を達成する
リニューアルの仕組みを大公開!』

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『生き残りをかけた取り組み』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────


////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆◆売上・客数130%を達成するリニューアルの仕組みを大公開!◆◆
     「温浴施設 必勝リニューアルセミナー」

 開催させていただき、好評のうち
 無事に終えさせていただきました!

 温浴施設はどんなリニューアルをするべきかについて、
 これからの計画の一助になれば幸いです。

 ご多忙の中でご参加いただきました多くの皆様、
     本当にありがとうございました!!
 
 セミナーご参加の皆様には
 会員制の業界専門の勉強会である、
 「温浴施設経営研究会」の8月例会に
 無料ご招待をさせていただきます。
 http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1183805667_4.html

 ふるってご参加くださいませ!
 ※既存会員さんがいらっしゃるエリアは、
  ご参加をご遠慮いただくことがございます。
  その場合は申し訳ありません、ご了承くださいませ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ?都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます?

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

□□光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!■■

前年比180%に成功したノウハウ公開中!
詳しくはこちらまで
https://www.vana4132.jp/lp2/
温浴施設の燃料関係(価格・燃転・炭酸ガスなど)にまつわる
ご相談やお悩みの方もお待ちしております。

株式会社イングコーポレーション
担当 佐川
TEL 048-541-3804 FAX 048-541-3147


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────


こんにちは、海老原です。

学生は夏休みに入りました。
みなさまのお店はいかがでしょうか?

忙しい夏を直前になんですが
この半期は皆さんいかがでしたか?

客数、売上、利益計画に対してどうだったのか、
というのはもちろんですが、
その先の生き残りをかけた取り組みの
進捗はいかがでしょうか。

勝手な予測ですが、2〜3年後の成果は
今の取り組みで大きな差が出てくる時期に
温浴業界は差しかかっていると感じています。
他業界は間違いなく、
今の取り組みが1年後の結果に現れる状態です。
少々動きが遅い温浴業界ですので、
タイムラグを見込み、且つ、業界の変化を感じると、
ここ2〜3年かなと考えてます。

生き残りをかけた取り組みって何?ということですが、
それは年初にご案内した3点です。

1.一緒に働きたい会社をつくる
2.原価高騰に耐えられる仕組み
3.プチリニューアルを繰り返す


1.一緒に働きたい会社をつくる

 比較的小人数で回せる施設もあることでしょうが、
 人の入れ替わりは起きます。
 その際に一緒にあの施設で働きたいと
 思ってきてくれる状況に近づいてますか。
 世間ではもう人を採るのが大変で大変で、
 業績アップの足かせになっています。
 お客さんを集めるのは当然ですし、
 日常行っていることでしょうが、
 一緒に働くメンバーも集める動きをぜひしてください。
 どんな施設だったら働きたいですか?
 ここからスタートすると
 やることが見えてくるかもしれません。


2.原価高騰に耐えられる仕組み

 原油も一時から少々上がってきていますが、
 まだ“あの時”のような高値ではないため
 危機感はそうないかもしれません。
 しかし、日本の大半は非常に不安定な
 輸入の上になりたっています。
 何かの危機が始まれば
 すぐどこかの費用が跳ね上がってきます。
 まだ去年程度の額が
 もろもろ済んでいるから大丈夫ではなく、
 比率がもしあがっていれば
 それは即対応が必要です。
 ハリルJapannではないですが
 体脂肪率を落としてスリムにしてください。


3.プチリニューアルを繰り返す

 今年の1月から店内のどこが代わりましたか?
 変わっていない?!
 リニューアルと言っても
 ●●●万円かけておこなうものばかりではありません。
 “DIY“プチリニューアルでいいのです。
 7月24日からのリニューアルセミナーを
 お聞き頂いたある社長様から、
 「やりようはまだまだある。じっとしていたのでは
 勝てないことがよくわかった」
 というお言葉をいただきました。
 この業界は新しい施設が勝つ傾向が一方ではあります。
 (必ずしもとは言い切れませんが)
 ということは、目新しさは大事な要素であり、
 DIYでいいのでプチリニューアルを
 繰り返す必要があるのです。


3年後のために
残り半年を有意義に過ごしましょう。



(温浴チーム 海老原)



──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇7月17日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ〜その12〜』←NEW!

◇7月9日
 『リニューアルするならこうする!』

◇7月2日
 『成功する開発・投資への近道(勉強会のご案内)』

◇6月25日
 『考えて行動する』

◇6月17日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ その11』

◇6月11日
 『いやな投資もあります』

◇6月4日
 『温浴施設開発の差別化』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは!悪い菌に勝った編集長です。
 
 ジップラインにトライしてきました@滋賀
 地上から1,100mの高さにおびえる間もなく
 「3・2・1 GO〜!」で
 空中をふわり。(けっこう速い
 いろいろなものがふっ飛びました☆

 それではまた来週!

 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ