メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年08月11日]
第744号 異常値を作る際に行いたいこと

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年8月11日 
┏┏ 
┏   ●2340部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『異常値を作る際に行いたいこと』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ?都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます?

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

□□光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!■■

前年比180%に成功したノウハウ公開中!
詳しくはこちらまで
https://www.vana4132.jp/lp2/
温浴施設の燃料関係(価格・燃転・炭酸ガスなど)にまつわる
ご相談やお悩みの方もお待ちしております。

株式会社イングコーポレーション
担当 佐川
TEL 048-541-3804 FAX 048-541-3147


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

皆様毎度でございます。今井です。

都内も最高気温が36度を超え、
一時の涼を取るのに一苦労する状況です。
この暑さに皆様も
少々手を焼かれているのでは?と思います。

さて、先週の湯けむり通信でもお伝えしたように、
今年は9月に5連休という大型連休があります。
夏のピークとあわせ、
業績をアップさせやすいタイミングが2回もあります。
ここで異常値を作ることが年間での業績を
グッと上げるポイントになるとお伝えしましたが、
実際にどうするか
具体的な方策をチョッと紹介したいと思います。

と、大層なことを言っていますが
行うことは単純であり、
このメールマガジンでも
何度かお伝えしていることで、
「もう分かってる」と思われる事です。
それはお店の「一番商品」を持つことです。

一番商品とは…
他の競合店が持たない差別化できる商品を持つことであり、
お客様にとって分かりやすいものであることが大切です。
たとえば電気風呂が7個あったり、
10坪以上の広さの浴槽であったりと
数や面積がもっとも分かりやすいものと言えましょう。
しかしその大半は
大きな投資が伴うものですので、
経費を出来るだけかけず差別化できるもの、
つまりは知恵を絞る事になります。

その具体的なもの、
つまりは夏場に競合店が行っていない事
・家族客獲得のための取り組みその1
 お子様客専用ビニールプールを露天風呂に設置する
・家族客獲得のための取り組みその2
 夏休み期間はお子様料金大幅値下げ
 温度の低い入りやすい浴槽の設置…
 「ぬる湯」といわれる、36度〜38度 設定の浴槽
といったこの時期ならでは、
かつ他店が行わない取り組みを行う事で
差別化が生まれ、
再来店して頂く動機付けになるのです。

もちろん、気をつけなければならないのは、
競合店との差別化を行っても
お店自体が平均点以下になっていないか
という部分です。
クリンリネス、危険箇所の対策はもちろん、
館内の温度が過ごしやすいかなど、
そもそもの部分にも気を配る必要があります。
いくら魅力ある商品を持っても、
それを半減させてしまう店内であってはならない
ということです。
「あそこの風呂は魅力的だけど、
店内が暑すぎて居られない」
と思われてはいけないわけです。

お盆のピークを迎える大切な時期、
今一度ご自身の店の魅力に磨きをかけると同時に
平均点以下の部分の対策を
講じていただきたいと思います。

(いまい たかあき)


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇8月6日
 『ちょっと変わった業態』←NEW!

◇7月30日
 『リニューアルは?!』

◇7月17日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ〜その12〜』

◇7月9日
 『リニューアルするならこうする!』

◇7月2日
 『成功する開発・投資への近道(勉強会のご案内)』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは!夏の星座にぶらさがりたい編集長です。
 
 近所で花火大会がありました。@東京
 人の波にのまれそうだったので
 今年は家のベランダで観覧しました☆(快適〜
  
 それではまた来週!
 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ