メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年09月29日]
第751号 お客様との約束

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年9月29日 
┏┏ 
┏   ●2333部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『お客さまとの約束』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ―都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます―

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────


こんにちは、海老原です。

みなさまの施設では、
シルバーウィーク、いかがでしたしょうか?

この原稿を書いている最中では、
集計までできていませんので、
残念ながら包括的なコメントはできませんが、
こんなに多くの休みが重なるのは
有利に働くのは間違いないことです。
結果を、期待している状況です。


さて、みなさまの施設で
「お客様に約束していること」はどんなことですか?
清潔感あり、
ゆっくり楽しんでもらえる場の提供・・・など・・・・
まったくその通りです。

この業界だけでなく
経済が成熟した日本においては、基本事項です。
その基本事項を守るのは当たり前の基準であり、
特質する事項ではありません
(少々乱暴ですが
話しをシンプルにするためにご了承ください)。


となると、
「お客様に約束していること」は何ですか?


実は、それがその施設の「戦略」です。
約束事項を果たすための手段として
施策を打っているのです。
施策(=手段)は、
“目先の売上をあげるため“だけではないはずです。


万が一、うちの施設の約束事は何だ?!
と我に返ってしまったら、
異業種も含めて見てみましょう。
実はまだまだ私も足らないと
個人的に感じていますので、
そんなこと言えないのですが、
業界発展のための役割として
あえてお伝えさせていただきます。


ここまで成熟した日本では
大概のものは揃っています。
だからこそ、お客さんから
「選ばれる理由づくり」が必要だと考えています。
衰退している店舗や業態は、残念ながら
あえてそこに行く理由が“ない”からです。

「選ばれる理由」は当然、お客様志向です。
(趣味でないことを祈ります)
「お客様に約束していること」が、
結果として
「選ばれ“た“理由」ではないでしょうか。


今年も残すところ
3ヶ月あまりになりました(はやい〜〜〜〜!)。

年末年始の仕込みは当然ですが、
お読み頂いている経営者様には、
来年以降の動きとして
頭の片隅でぜひお考えいただきたく思います。
それも年初からお伝えしている
「一緒に働きたい会社」をつくることにも
つながると信じています。

今後の業界の発展に期待して。。。。


(海老原)


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇9月18日
 『人材募集から人財募集へ』

◇9月10日
 『集客のルール』

◇9月10日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その14〜』

◇8月26日
 『生き残っていくには』

◇8月20日
 『キリンに見る?!生き残り方』

◇8月13日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ〜その13〜』

◇8月6日
 『ちょっと変わった業態』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは。芸術の秋な編集長です。
 
 神戸ビエンナーレ2015に行ってきました@神戸
 どの展示からも
 ビシビシ伝わってくるものがありました。
 芸術は爆発ですね・・・!  
   
 それではまた来週!
 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ