メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年10月13日]
第753号 この時期にやっておきたいこと

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年10月13日 
┏┏ 
┏   ●2331部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『この時期にやっておきたいこと』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ―都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます―

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

みなさん、毎度でございます。
10月の3連休、いかがでしたでしょうか。
シルバーウィークから続く、
年末年始の業績を伸ばす大切なステップですので、
残る11月の連休も
しっかりと取りきっていただきたいと思います。
さて、そんな繁忙期は
皆さんトラブルもなく
無事に終えることが出来ましたでしょうか?
逆に平日で客数が落ち着いたこの時期に、
負荷から開放された機械設備の不具合が発生した・・・
なんてお話も伺います。
また、この時期にスタッフさんの公休日や
有給消化に当てておられる方も
いらっしゃるかもしれません。

ただ、この時期に行っておきたいのは
年末に向けての仕掛けは勿論ですが、
繁忙期でのトラブルと対応の振り返りです。
以前にもお伝えしたかと思いますが、
日報は数値以外にも
天気や気温、周囲のイベント、
そこにトラブルを記載していくことで、
業績の推移を読み解くヒントになったり、
同じようなトラブルの発生を未然に防げたり、
対応をスムーズにすることで
被害を最小限に抑えることができます。

例えば浴場でお客様が転倒し、
意識を無くしていると
お客様から通報があった場合、
まず皆さんは何をしますか?
即時にこの後の対処の筋道が見えていますか?
そして皆さんが
お休みの際に発生した場合は???
少々嫌な事を投げかけてしまいましたが、
自分が居る・居ないに関わらず
働くスタッフさん全員が
同じ対応が出来るようにしておけたら、
これほど心強いものはありません。

また、日ごろから対処できるように
マニュアルの準備や、
朝礼や終礼などでスタッフさんとの
コミュニケーションを密にし、
現場の情報を共有しておくと
良いと思います。
スタッフさんは設備の不具合や、お客様の声、
危険箇所など情報を持っていながら、
なかなか報告出来ずにいるものです。
こうしたお店にとって有力な情報は
常に把握したいものです。
  
比較的落ち着いた時期に、
トラブルへの対処を
事前に講じておくことは
良いのかもしれませんね。

(いまい たかあき)


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇10月8日
 『開発にも情報発信を』←NEW!

◇10月1日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その15〜』

◇9月18日
 『人材募集から人財募集へ』

◇9月10日
 『集客のルール』

◇9月10日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その14〜』

◇8月26日
 『生き残っていくには』

◇8月20日
 『キリンに見る?!生き残り方』

◇8月13日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ〜その13〜』

◇8月6日
 『ちょっと変わった業態』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは。筋肉痛な編集長です。
 
 ボウリング大会を開催しました@品川
 「投げ方が力強いね」と言われる程、
 力が入っていたようで、腕がパキパキに・・・。
 とても良い運動になりました!!
   
 それではまた来週!

 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ