メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年10月27日]
第755号 温浴イベントにも基準がある

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年10月27日 
┏┏ 
┏   ●2331部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『温浴イベントにも基準がある』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ─都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます─

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

こんにちは、
温泉・温浴経営コンサルタントの相良(さがら)です。

商売をやっていれば、
毎月何かしらのイベントを行うと思います。
毎回のイベント内容を考えるのは、
長く現場にいる方なら
「さて次回は何をしようか?」
と悩ましいでしょうが、
ここに結果につながりやすいイベントの基準が
あるとしたら便利ですよね。

ここでいう結果とは、
<イベントで客数や売上が伸びること>
と定義しておきます。

基準をざっくり述べると

●お客さまに満足してもらう
 (まぁ当然といえば当然)

●イベントに必然性がある
 ⇒冬至の時期にゆず風呂やるのは
  必然で納得してもらいやすい

●お風呂屋さんらしいイベントである
 ⇒単にフロントでやるイベントより、
  浴場内のイベントのほうがお風呂屋さんらしい

●「一番」の要素がある
 ⇒世界一大きなゆずをお風呂に浮かべます、
  全国生産量一位の特産品を浮かべますなど

●一定期間行う(3日間〜1週間など)
 ⇒新聞やメディア、ネットで情報公開して、
  商圏顧客に知られるまで数日以上かかる為

●イベント日は特典がつく
 ⇒できれば入浴サービスに関連すべきで、
  ポイント倍増などはその典型

●情報発信されている
 ⇒店内やHP上だけでなく、
  新聞・テレビ・SNSで情報が
  拡散されると結果が伸びる
 ⇒メディアは社会事業の要素や
  見た目ユニークなネタ(世界最大の●●など)が
  あれば拡散スピードが倍増以上になる

●時事に関連させている
 ⇒金メダリストが出たら「金メダル風呂」、
  新幹線が開業したら「新幹線風呂」など
  地元でも話題になっている要素を
  イベントにからませると効果的

などです。

こんなにたくさん?と思うかもしれませんが、
コツがわかると意外とできます。
結果を出している温浴施設のイベントは、
見るとだいたいこの要素を持っており、
しかも毎月連続して実行されています。

例えば、
「世界一大きいりんご(ブランド名あり)を浮かべた
『世界一のりんご風呂』やります。
このりんごは先の台風被害で
落下したものを買い取ったものです」、
あるいは
「世界遺産の丸太を使った
『母の日、ありがとう風呂』を開催します。
この丸太は間伐材で、
地元の森林活性化に役立っています」、
など皆さんも時々耳にするかもしれませんが、
こういったイベントは
結構温浴業界で目にします。

基準に沿ったイベントを
毎月繰り返せるようになれば、
その温浴施設は間違いなく強いお店になります。
大きな投資も必要ないですし、
大手でなければ
難しいというものでもありません。
多くの場合、
店は2〜3人のスタッフが準備して
低予算で実行しています。

そろそろ11月に入り、
書き入れ時の年末年始がきます。
すぐに使えるこの基準。
うまく活用できたら良い結果につながると思います。


(さがら ゆうじ)


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇10月8日
 『開発にも情報発信を』

◇10月1日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その15〜』

◇9月18日
 『人材募集から人財募集へ』

◇9月10日
 『集客のルール』

◇9月10日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その14〜』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────

【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは。叫びたい気分な編集長です。
 
 ながしまスパーランドへ行ってきました@三重
  高さ・落差日本一のコースターへ乗った際に、
 落下しながら眺めた夕日が
 真っ赤でまんまるで非常にキレイでした!
 秋まっさかりですね☆

 それではまた来週!

 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ