メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年11月10日]
第757号 好評!視察ツアー

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年11月10日 
┏┏ 
┏   ●2328部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『第17回温浴業小さな成功モデル
  100事例徹底紹介セミナーのご案内』

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『好評!視察ツアー』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────

◆全国の温浴施設の成功が満載!◆

●第17回 温浴業 小さな成功モデル100事例徹底紹介セミナー
〜温浴施設必勝集客術
 投資ゼロで客数・売上・キャッシュが
 前年比150〜170%を達成その仕組みを大公開〜

↓↓下記ホームページにてご紹介・お申し込み受付中↓↓ 
 http://www.u271.com/seminor/100jirei_17.html


全国の繁盛店は、
基本的にこの法則で勝ち続けてます!
「どうしたら業績伸びる?」と悩む前に、
このセミナーで『知恵と元気』を感じて下さいませ!
初参加のお客様も毎年増大中!
人気の恒例セミナーです!

   ■今年紹介の事例ダイジェスト

●映像時代到来!動画露天風呂を設置せよ!
●加速度的に知名度が向上!SNSは写真が大事!
●万人受け間違いなし!きもだめし・妖怪風呂!
●仰天!リニューアルで巨大タコ風呂が出現!
●商売のエリアが急拡大!ネット上の情報発信!
●地元祭り客をごっそりいただく!夏の「うちわ」大作戦!
●まだまだ続出!「女性浴場での記念撮影」!
●もはや常識!夏場の主浴槽温度は38度!
●店内はまるでおもちゃ箱!
 奇想天外な内装でお客様の心をわしづかみ!
●チラシなぞ見ない!今どき顧客向けスマホ広報術!
●やはり無視できない!コスプレは超集客アイテム!
●浴場内で囲碁将棋!これが意外と大人気!
●玄関先にまさかの巨大アヒル!家族客増!
●マンガもお風呂で読めるのが当たり前!
●無名の特産品!風呂に浮かべりゃ大集客!
●大人気の泥エステ風呂が金色・ピンク色に輝く!
●アンケートはWEB上!情報拡散に貢献!
●ネット活用で女性客大幅増!秘訣は女子単語の羅列!
●WEB上で大拡散!必勝ネタはおしゃべりインコ!
●外国人タトゥー客で全国紙に堂々掲載!
●ヤフートップニュースで連続紹介!
●温浴でも使える「閉店商法」で集客1.3倍に!
●企画会議のメンバーに新聞社スタッフが!
●「気持ち悪い」広告写真が最も効果的な情報発信!
●芸能人・女優に費用ゼロでコメントしてもらう!
●カワイイ系女子たちがクチコミを爆発させる!
●北陸新幹線で浴場が大フィーバー!
●情報発信先はネット・WEBが9割以上!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ―都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます―

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

みなさん、こんにちは、海老原です。

先週、11月6日に弊社研究会会員様同士で、
あるエリアの繁盛店を視察に行きました。

ご参加いただいた会員様間では
盛り上がりました。
ご参加頂きました会員様、
ご協力頂いた施設の方々に
感謝申し上げます。

ご参加頂いた会員様から上がった声は
主に次のようなものがありました。

1.生き様がお店に出ていてすごい

2.ここまでやり切れているのがすごい

3.もう少し時間が欲しかった。またゆっくり来たい。

やはり、凄い!と見える会社・施設様は
トップの想いが表れているため、
ひとつひとつことを精度高くやりきっています。
だから競合がある中でも、
その地域の中でも
しっかり存在感を示して君臨しているのです。

やりきる精度の基準は
どこにおくかを考える必要がありますが、
その基準は一つです。

それは、トップの想いがどこにあるかです。
制限が加わるとしたら、
その想いは商売として
やっていけるかどうかです。
(趣味と商売はちがいます。)

今回、視察させて頂いたいずれの施設も
トップの想いがでているところばかりでした。
(研究会員様だけの会ですので、
 なかなか具体的に書けないですが。。。。)

肌で感じている傾向として、
売上が停滞し始めると
他施設や業界動向から離れてしまうことが
よく見受けられます。

時流適応で商売していくことは、
創業者 船井幸雄からの教えです。
時流をとらえ、それを自施設に取り込み、
お客様に来ていただく理由をつくることで、
施設が永続できると考えます。

自分もまだまだ足りませんが、
定期的にいろんなものを見て行きたいと思います。

(海老原)

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇10月29日
 『投資にも工夫を』

◇10月8日
 『開発にも情報発信を』

◇10月1日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その15〜』

◇9月18日
 『人材募集から人財募集へ』

◇9月10日
 『集客のルール』

◇9月10日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その14〜』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────
【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは。毎日まったりな編集長です。

 ピクニックをしました@代々木公園
 風の吹く中、バドミントンにトライ!
 元・バドミントン部の血が騒ぎました☆ 
 
 それではまた来週!

 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ