メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2015年11月17日]
第758号 温浴業界事情

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2015年11月17日 
┏┏ 
┏   ●2327部発行●  http://www.u271.com 

────────────────────────────── 

  今週のCONTENTS

●湯けむりニュース
 『第17回温浴業小さな成功モデル
  100事例徹底紹介セミナーのご案内』

●湯けむりニュース
 『銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?』

●湯けむりニュース
 『温浴施設の運営受託のご希望』

●湯けむりニュース
 『光熱費コストダウン!CS(顧客満足度)アップ!』

●コンサルタントの視点
 『温浴業界事情』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記 
 『温浴チーム ナガスの高貴な後記!』

──────────────────────────────

◆全国の温浴施設の成功が満載!◆

●第17回 温浴業 小さな成功モデル100事例徹底紹介セミナー
〜温浴施設必勝集客術
 投資ゼロで客数・売上・キャッシュが
 前年比150〜170%を達成その仕組みを大公開〜

↓↓下記ホームページにてご紹介・お申し込み受付中↓↓ 
 http://www.u271.com/seminor/100jirei_17.html


全国の繁盛店は、
基本的にこの法則で勝ち続けてます!
「どうしたら業績伸びる?」と悩む前に、
このセミナーで『知恵と元気』を感じて下さいませ!
初参加のお客様も毎年増大中!
人気の恒例セミナーです!

   ■今年紹介の事例ダイジェスト

●映像時代到来!動画露天風呂を設置せよ!
●加速度的に知名度が向上!SNSは写真が大事!
●万人受け間違いなし!きもだめし・妖怪風呂!
●仰天!リニューアルで巨大タコ風呂が出現!
●商売のエリアが急拡大!ネット上の情報発信!
●地元祭り客をごっそりいただく!夏の「うちわ」大作戦!
●まだまだ続出!「女性浴場での記念撮影」!
●もはや常識!夏場の主浴槽温度は38度!
●店内はまるでおもちゃ箱!
 奇想天外な内装でお客様の心をわしづかみ!
●チラシなぞ見ない!今どき顧客向けスマホ広報術!
●やはり無視できない!コスプレは超集客アイテム!
●浴場内で囲碁将棋!これが意外と大人気!
●玄関先にまさかの巨大アヒル!家族客増!
●マンガもお風呂で読めるのが当たり前!
●無名の特産品!風呂に浮かべりゃ大集客!
●大人気の泥エステ風呂が金色・ピンク色に輝く!
●アンケートはWEB上!情報拡散に貢献!
●ネット活用で女性客大幅増!秘訣は女子単語の羅列!
●WEB上で大拡散!必勝ネタはおしゃべりインコ!
●外国人タトゥー客で全国紙に堂々掲載!
●ヤフートップニュースで連続紹介!
●温浴でも使える「閉店商法」で集客1.3倍に!
●企画会議のメンバーに新聞社スタッフが!
●「気持ち悪い」広告写真が最も効果的な情報発信!
●芸能人・女優に費用ゼロでコメントしてもらう!
●カワイイ系女子たちがクチコミを爆発させる!
●北陸新幹線で浴場が大フィーバー!
●情報発信先はネット・WEBが9割以上!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■ 銭湯経営をお手伝い頂ける方はいませんか?■■

 全国にたくさんある銭湯。歴史ある銭湯という商売は、
 未来に残すべき文化的要素が満載であり、
 価値ある遺産といっても過言ではありません。

 しかしながら、
 現実には後継者不足で徐々に数を減らしています。
 
 高齢のご夫婦がたった二人で経営している、というケースが
 銭湯には実に多く、彼らが毎日浴場や風呂釜を
 掃除メンテナンスしていくことは本当に大変なことです。

 そこで皆様が少しでも銭湯経営のお手伝いしたい、
 とお考えならば勇気を奮ってご連絡いただけないでしょうか? 


 ■今は他の仕事をしているが、銭湯の経営に興味がある

 ■休日を活用して、バイトに近い形で銭湯の運営に
  携わってみたい

 ■ゆくゆくは自分も銭湯の経営をしてみたい

   ・・・等

 こんなお考えをお持ちの方がおられましたら、
 下記までご連絡・ご相談くださいませ!
 
 詳細・お問い合わせはこちら

 船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 担当:相良

 ■電話番号 
 03-6212-2931(船井総研 丸の内事務所)
 080-4809-0499(相良携帯)

 ■公式サイトお問い合わせフォーム
 http://www.u271.com/contactus.html

 ■メールアドレス
 yuji-sagara@funaisoken.co.jp

────────────────────────────── 

★★銭湯の運営希望者がいます!!★★

 ─都内、神奈川県内で銭湯の運営を希望されている
   企業さんが複数いらっしゃいます─

■銭湯の廃業を考えているが、店をたたむのはしのびない。

■跡継ぎがいないので、誰かに代わりにやってもらえないか?

■今はまだ銭湯を経営しているが、今後は誰かにまかせたい。

・・・等

銭湯にまつわるご相談やお悩みがあれば、皆様に代わって
銭湯の運営管理する方を随時ご紹介致します。

お気軽にご連絡下さいませ!
 
詳細・お問い合わせはこちら

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
担当:相良
■電話番号 
03-6212-2931
■公式サイトお問い合わせフォーム
http://www.u271.com/contactus.html
■メールアドレス
yuji-sagara@funaisoken.co.jp


────────────────────────────── 
┏┏┏ 
┏┏  ■コンサルタントの視点 
┏    
──────────────────────────────

こんにちは、
温泉・温浴経営コンサルタントの
相良(さがら)です。

11月になり年末を意識する季節だからでしょうか?
水光熱費削減、ミネラルウォーター、
入浴剤、化粧品、ワインの提案など、
業界へ普段よりも多くアプローチがあります。

売りたい側から見れば、
温浴業界へのアプローチは、
いわゆるBtoBのビジネスですから、
売り込む商品がどれだけ魅力的かが
商談を決める重要な要素です。

そのときに売り込む商品の
よさだけをアピールするのは、
相手の立場に立っていないため、
商談成立は難しいでしょう。
買ってもらう相手、
つまり温浴施設の社長・幹部の方々に対して
「この商品を使えば、
この温浴施設はこうなります!」と、
未来の姿を言ってのける事が
堂々とできるならば、話は進んでいきます。

あとひとつ、温浴業界は
あまり多くのお金(経費)を使わない業界
という事も知らねばなりません。
もちろん燃料代やメンテナンス費など
ほぼ固定に近いものは、
そこは装置産業ですから、大きく使っています。
逆に、広告宣伝費や販促費は、
それはもう月に数万円ということもザラです。
理由は、儲かっているお店が
多くないからかもしれませんし、
そもそもそこにお金をかけても
業績が伸びないと感じているからかもしれません。

そういった業界に、
あるいは社長や支配人にモノを売り込む以上、
きっと思い切り論理的に
情報を整理してからアプローチするか、
反対にワクワクドキドキするくらい
魅力的な未来を想像させてあげるくらいでないと、
きっとお金は動きません。

このように書くと業界へのアプローチを
ためらう方もいるかもしれませんが、
戸惑う必要はないと思います。
少なくとも数億円の事業規模の温浴施設が
常に使うお金が数万円であるはずがない
と思った方がいたら、そのとおりです。
温浴業界も、
お金を使うときは使います。
代表的な例は新規オープン、
あるいはリニューアルのとき。
また、先進的な温浴社長ならば
情報コンテンツにお金をかけます。

このようにタイミングや領域によっては、
お金持ち業界と変わらないほどに
数千万や数億円の投資を行うケースもあるので、
こういった業界事業を知った上ならば、
ビジネスはうまく進んでいくと思います。

今年もそうですし、
来年も、再来年もですが、
業界はマンネリ化・停滞するだけでは
衰退してしまうので、
一定量の進化・深化が必要です。
年末にむけてのこの時期は、
そういったことを考えるよい時期なのかと思います。
この時期、
業界にかかわる様々な立場の方からの
色んな情報やモノが
注ぎ込まれてほしいものです。


(さがら ゆうじ)


──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

毎週木曜日に更新しています!
ぜひお読みください。

◇11月12日
 『リニューアル、どうする?!』←NEW!

◇10月29日
 『投資にも工夫を』

◇10月8日
 『開発にも情報発信を』

◇10月1日
 『温浴施設開発マニュアル的ブログ 〜その15〜』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/ 

──────────────────────────────
【 編 集 後 記 】「ナガスの高貴な後記!」

○こんにちは。中華食材に詳しい編集長です。

 中華街に行ってきました@横浜
 トゲトゲとつぶらな瞳がなんとも言えない
 「はりねずみまん」を
 12匹ゲットしました♪(中身はカスタードクリーム
 
 それではまた来週!

 
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信] 
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp 
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html 
 編集長:ナガス
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
 TEL 03-6212-2931(直通) 
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ