メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2016年02月09日]
第768号 重油価格変動から思うこと

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2016年2月9日
┏┏
┏   ●2317部発行●  http://www.u271.com

──────────────────────────────

  今週のCONTENTS
●コンサルタントの視点
 『重油価格変動から思うこと』

●ゆるるん入浴記 更新情報

●編集後記
 『温浴チーム 高橋の高貴な後記!』

──────────────────────────────

──────────────────────────────
┏┏┏
┏┏  ■コンサルタントの視点
┏
──────────────────────────────

こんにちは、温泉・温浴経営コンサルタントの相良(さがら)です。
重油の仕入れ価格が益々下がってきました。
1月中旬からリットルあたり40円を切り、38円前後になっており、
北海道から九州までほぼ均一にこの価格です。

20年ぶり?かそこらのこの低価格。
一時125円/リットル以上だった2008年あたりと比較すると
隔世の感がありますが、あくまで外部環境の変化であり、
色々専門化などコメントしていますが、
いつ反転して高くなるかは予測できません。
それを見越してか、温浴業界は手放しで喜ぶというよりは、
「現時点ではコストが下がってラッキー」という程度の
温度感のようです。

ただし、1年前の年始は確か50円/リットル前後、
その後は多少の上下を得て、現在ふたたび大台を割る、
という推移でしたので、年間を通じてみれば、
重油を使っている温浴施設は仕入価格の下落で年間燃料代が
前年比60〜70%のケースが多いかと。金額にして1000万円、
大型施設ならば2000万円近くのコスト減です。

このため、この1年間はどうにか利益増にこぎつけた、
又はけっこう利益が膨らんだ施設がかなりいて、
「これをチャンスに老朽化した設備を改修しよう」、
あるいは「少しリニューアルでもやってはどうか」と、
年明けになって前向きな意見が聞こえるようになりました。

さて、重油はこんな感じですが、ガスはどうでしょう。
ガスも単価は下がっていますが、重油ほど顕著な下がり方ではないです。
「いいよな。重油はコスト下がって…」という感じです。
ここで教訓が生きたケースがありました。2007年頃、
重油価格がグングン上昇したころ、燃料を都市ガスに切り替え、
ボイラーもそれ仕様に切り替えた温浴施設は多かったですが、
そのとき「いずれまた重油が安くなったときの為に、
都市ガスと重油と両方に対応できるよう、
ボイラーはバーナー交換が可能なもの、
また重油タンクも放置せずにそれなりにメンテしておこう」と
考えた経営者がいらっしゃいました。
そういう方々は、今回の重油価格の下落にあわせて
再び燃料を重油に切り替え、大きな投資なしで、
安い重油のメリットをシッカリと享受できています。

重油価格は大きく下がり、ここしばらくは値上がりの材料が乏しいのも事実。
しかしいつ値上がりするかはわかりません。
俯瞰して考えると、いつ価格が上下してもメリットは享受、
リスクは低くするために、もし設備交換・投資をするならば、
先述したような考え方が大事だと考えます。(さがら ゆうじ)

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

臨時更新更新しています!
ぜひお読みください。

◇2月5日
 『開発から差別化要素を』←NEW!

◇2月4日
 『岩盤浴利用率を高める?!』

◇1月26日
 『新店対策?!』

◇1月21日
 『タイミング』

◇1月14日
 『2016年もどうぞよろしくお願いします』


記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/

──────────────────────────────
【 編 集 後 記 】「高橋の高貴な後記!」

2月14日はバレンタインデーですね。
温浴施設でもバレンタインイベントを開催されるところも
多いのではないでしょうか。
温浴経営研究会の会員様からいただいている今月のイベントカレンダーにも
やはりバレンタインの企画をされている企業様がは多く、
中にはチョコレート風呂なんていうのもありました。
とても楽しそうだと感じたのと同時に
温浴×無限の組み合わせがあるのだなと思いました。


──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信]
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html
 編集長:高橋和
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
 TEL 03-6212-2223(直通)
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ