メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2016年08月09日]
第792号 リオ五輪開催

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2016年8月9日┏┏
┏   ●2247部発行●  http://www.u271.com

──────────────────────────────

この度、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、平素からお世話になっております本メールマガジン
購読者様におかれましても、ご無事で、
また、被害が少ないことをお祈りしております。

──────────────────────────────

  今週のCONTENTS
●コンサルタントの視点
 『リオ五輪開催』

●ゆるるん入浴記 更新情報
 『親切心の表れ』←8/4New!

●編集後記
 『温浴チーム 岩部の高貴な後記!』

──────────────────────────────
┏┏┏
┏┏  ■コンサルタントの視点
┏
──────────────────────────────

みなさん、こんにちは。

いよいよ、リオ・オリンピックがはじまりました。
治安の問題や経済格差など問題が取り沙汰され、
開催が危ぶまれましたが、
無事に開幕、日本の選手も体操・柔道で金メダルを獲得するなど
話題も豊富なようです。
そして乗りイベントを開催されている施設さんをお見かけし、
さすがだなと感じています。

さて、リオ五輪開幕ということは
4年後は東京で開催されることになるのですが、
どうにもこうにも結論ができてきていない「イレズミ」対応が
懸念されます。
いよいよ本格的に考えて行かないと直前の付け焼刃的対応では、
トラブルを続出させかねません。
日頃から徐々にお客様に呼びかけていかねばならない時が迫ってます。

話は少し変わりますが、
来訪する外国の方の対応に困るのとは逆に、
企業自らが外国で展開する場合はどうなのでしょう?

大手スーパー銭湯チェーン店が中国に出店されていますが、
順調に業績をのばし、店舗数を拡大しつつあるようです。

私自身もタイ:バンコクや台湾で温泉施設に入ってきましたが、
裸で入浴でしたし、イレズミはNGでした。
文化の違う国で日本の文化として温浴施設を運営するので、
そこは日本のルールを適用しているのでしょう。
そしてほとんどの施設で問題なく運営をされているように思えました。

さて一方の日本ではどうでしょうか?
日本の文化を味わいたいと外国の方は入浴を希望されるでしょう。
しかもタトゥーを入れた方が列挙をなしてくるかもしれません。

多勢に無勢では太刀打ちもできなくなる可能性もあります。
公の機関からも要請が入り始めたようですし、
いよいよ業界的に判断する時期が来ていると思います。
(いまい たかあき)

──────────────────────────────

▼8月22日‐24日開催 経営戦略セミナーHP▼
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/005081.html

申込受付中です!
ご興味のある方は経営戦略セミナーHPまで!!!

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/

臨時更新更新しています!
ぜひお読みください。

◇8月4日
 『親切心の表れ』←NEW!!

◇7月21日
 『追い風』

◇7月7日
 『QSC』

記事はコチラからどうぞ! ⇒ http://blog.livedoor.jp/u271/

──────────────────────────────
【 編 集 後 記 】「岩部の高貴な後記!」

猛暑のニュースが続いておりますが、体調など崩されておりませんか?
弊社内では夏風邪がはやり、熱中症も心配です。
オリンピックの応援でも、世間は熱くなっていますね。
ほんとに4年後東京開催なのかと思うと不思議な気持ちです。

──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信]
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ e026@funaisoken.co.jp
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html
 編集長:岩部 茉穂
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
 TEL 03-6212-2223(直通)
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ