メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2017年10月10日]
第850号 業務改善可能性を探る

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2017年10月10日┏┏
┏   ●2146部発行●  http://www.u271.com

──────────────────────────────
  今週のCONTENTS
●コンサルタントの視点
 『業務改善可能性を探る』

●ゆるるん入浴記 更新情報
 NEW!!9月21日『会議でわかる?!』

●編集後記
 『温浴チーム 岩部の高貴な後記!』

──────────────────────────────
┏┏┏
┏┏  ■コンサルタントの視点
┏
皆様、こんにちは。
船井総研の松木でございます。

本日のテーマは「業務改善可能性を探る」です。
人口減少が進む日本において
労働人口減少は避けようのない現実として
我々の目の前に突き付けられています。

「どのように人材を確保するか?」という議論の一方で、
「どのように少人数で運営するか?」という議論も重要になってきます。

その際に必要になってくるのが
“業務改善”です。
業務効率化といった方が分かり良いかもしれません。

私はここ1ヶ月、宿泊施設の業務に張り付き
(文字通り朝6時から夜22時まで各部門の業務に張り付きます)、
業務改善が可能な分野を見出す、ということやっています。

実際に現場に張り付いてみると
効率化が可能な業務が多々見えてきます。

大別すると以下の3つが効率化可能な業務になります。

1、業務の流れを工夫する余地のある業務
2、ムダがある業務
3、他の方法に替えられないか工夫する余地がある業務


1、業務の流れを工夫する余地のある業務
こちらに分類される業務で問題なのは、
用いる紙媒体を作成すること自体に
時間がかかってしまうということです。

一覧で物事を把握したい場合に、
紙媒体は使い勝手が良いように思われがちですが、
実際は加筆修正後の見やすさなどを考えると
デジタル(例えばタブレット端末など)の方が有用な場合が多いです。

2、ムダがある業務
宿泊業で多いのはチェック業務の重複です。
お客様の予約情報に間違いがあってはならないということもあり、
同じ内容を2回確認したり、多いところでは3回確認したりしています。
はたして、2倍3倍の時間を費やして
どれだけのミス防止率の向上が見られるでしょうか?
ミスをなくす、ということが重要なのであれば
1回ごとのチェック機能の質を見直した方が良いでしょう。

3、他の方法に替えられないか工夫する余地がある業務
これはどの業種にも当てはまることでしょう。
特に設備産業であれば“清掃”が大きなウエイトを
占めていることも多いでしょう。
ここもやりようによっては改善できるところが多々あります。
例えば、館内やロビーの掃除機掛け、
ある旅館さんではお掃除ロボを複数台稼働させています。
これまで30分ほどかかっていた業務も機械に任せれば、
0分で済んでしまいます。

上記は、あくまで宿泊業の現場で実際に見て、
ヒアリングをして、効率化が可能と感じた業務の一例です。
温浴業にとって全てが当てはまるわけではありませんが、
参考にできる部分はあると思います。

まずは、
「本当に効率化できないのか?」という視点で、
今一度自施設の業務を洗い出してみるのはいかがでしょうか?


(松木)
─────────────────────────────
・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓
┃★┃┃お┃┃試┃┃し┃┃参┃┃加┃┃受┃┃付┃┃中┃┃★┃
┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・

■==<無料!お試し参加のお申し込み>=====■

  ★温浴施設経営研究会 ご参加受付中です★

 会場:船井総研 東京丸の内オフィス
 詳細:http://u271.com/kenkyukai/index.html
 申込フォーム:https://goo.gl/gdGxtv
====================

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/
臨時更新しています!
ぜひお読みください。

◇9月21日←NEW!!
 『会議でわかる?!』

◇8月7日
 『必要な時に必要な情報を届ける』
──────────────────────────────
【 編 集 後 記 】「岩部の高貴な後記!」

東京も肌寒くなってきました。
温かいものが恋しくなってきました。

先日ネット記事で、湯上りのドリンクに関する調査を読みました。
コーヒー牛乳がビールを押さえて2位にランクインしていたことに
驚きました。
想像以上にお風呂上りにコーヒー牛乳飲まれているんですね!笑
気になる方はぜひ検索してみてください。

来週は研究会の開催がございます。
会員様にお会いするのが楽しみです。
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信]
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ onyoku@funaisoken.co.jp
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html
 編集長:岩部 茉穂
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
 TEL 03-6212-2223(直通)
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ