メールマガジン

メールマガジン 湯けむり通信 [2017年10月17日]
第851号 温浴事業の特徴から今後の展開をみる

┏┏┏  週刊 メルマガ湯けむり通信 2017年10月17日┏┏
┏   ●2142部発行●  http://www.u271.com

──────────────────────────────
  今週のCONTENTS
●コンサルタントの視点
 『温浴事業の特徴から今後の展開をみる』

●ゆるるん入浴記 更新情報
 NEW!!9月21日『会議でわかる?!』

●編集後記
 『温浴チーム 岩部の高貴な後記!』

──────────────────────────────
┏┏┏
┏┏  ■コンサルタントの視点
┏
こんにちは、海老原です。

10月も半ばになり、
施設内はハロウィン装飾になっていることと思います。

この時期になると、
「今年も残り、、、」という会話が出始めてきます。

そんな時期に、今後の温浴事業を展開するにあたって
業種の特徴を改めて整理させて頂き、
今後の展開の軸を決めて頂きたいと思います。

いうまでもなく温浴事業の特徴は「地域密着」です。
理由は、自施設で完結することが多いためです。

たとえば、温泉、お湯はその“場“で供給し消費します。
温泉を運ぶこともありますが特徴

ある泉質であり、ある程度の距離までとなってしまいます。
また、施設運営をみても清掃、接客など
自施設でやはり完結するものが大半です。

では、広げる意味はないのか?!  ということではありません。
ドミナントで多店舗展開することは意味があります。

集客面については言うまでもなく、
昨今騒がれている人材面でも融通が利きやすくメリットがあります。

直営で地域に合わせたドミナント展開、
が合う業種なのが温浴の特徴です。

すでに皆さんもお感じになっている通り、
どこの施設もほ同様になっており、
施設の独自性を出すためにも地域密着で
ターゲットを決めて展開していくことが必要になります。
これから出てくる新店、リニューアル店などが楽しみです。

(えびはら)
─────────────────────────────
・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓
┃★┃┃お┃┃試┃┃し┃┃参┃┃加┃┃受┃┃付┃┃中┃┃★┃
┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・

■==<無料!お試し参加のお申し込み>=====■

  ★温浴施設経営研究会 ご参加受付中です★

  日程:12月1日(金)
 会場:船井総研 東京丸の内オフィス
 詳細:http://u271.com/kenkyukai/index.html
 申込フォーム:https://goo.gl/gdGxtv
====================

──────────────────────────────
     ◆ゆるるん入浴記 ご紹介◆
     http://blog.livedoor.jp/u271/
臨時更新しています!
ぜひお読みください。

◇9月21日←NEW!!
 『会議でわかる?!』

◇8月7日
 『必要な時に必要な情報を届ける』
──────────────────────────────
【 編 集 後 記 】「岩部の高貴な後記!」

師走並みの寒さの東京ですが、皆様の地域はいかがでしょうか。
寒いことで消費も増えるらしく、
防寒対策グッズや温かいものには経済効果がありそうですね。
寒くなると体が縮こまるので、肩が凝りやすいような気がして、
おふろがとっても恋しくなります。

これからの時期忙しくなる施設様が多いと思いますが、
体調にはお気をつけてお過ごしください。
──────────────────────────────
        [週刊 メルマガ湯けむり通信]
 ご意見・ご感想お問い合わせなどは⇒ onyoku@funaisoken.co.jp
 フォームメールはこちら⇒ http://www.u271.com/contactus/index.html
 編集長:岩部 茉穂
 発行所:株式会社船井総合研究所 温浴ビジネスチーム
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
 TEL 03-6212-2223(直通)
──────────────────────────────
メルマガ登録・解除
湯けむり通信 【毎週火曜発行・無料】 読者登録規約

powered by まぐまぐ!

このページのトップ