無料レポート・セミナー紹介

第2回成功する温浴施設開発セミナー

目先不透明な経済情勢が続く中、温浴業界では依然として新規開業が相次ぎ、来るべき高齢化社会に向けた有望ビジネスとして注目を集めています。

一方で、近年の公共温浴施設とスーパー銭湯の開発ラッシュから、地域によっては温浴施設の競合環境が激化し、すでに飽和状態といわれるところも出てきています。

では、その中で温浴事業を成功させるポイントとは何なのでしょうか?それは温浴事業独特の性質を知り、開発の段階から留意すべき点を把握しつつ計画を進めていくことです。最初から失敗を抱え込んだままの計画では、成功を勝ち得ることはできません。

本セミナーでは、最新の成功事例を交えながら、失敗しない温浴施設の開発ノウハウを、余すことなく一挙に公開させて頂きます。

このような点でお悩みの土地オーナー様、デベロッパー様におすすめします

☆土地活用・新規事業を計画しているが・・・

  • 立地条件にハンデがあり、有効な活用方法が見つからない・・・。
  • より収益性の高いビジネスを求めている・・・。
  • 長期間にわたって成長が見込めるビジネスを探している・・・。
  • 安心して事業化できるサポート体制を必要としている・・・。

☆話題の温浴ビジネスに興味があるが・・・

  • これからの温浴ビジネスの成功ポイントが知りたい・・・。
  • どのようなタイプの温浴施設が適しているのかわからない・・・。
  • 本当に投資が回収できるのか不安・・・。
  • 将来競合施設が出現したときに対抗できるかが心配・・・。

↓

成功する温浴施設開発の決め手がズバリわかります!

  • 業界の常識を覆す客単価
  • 立地のハンデを克服!
  • 魅力や機能を保ちながらローコスト開発
  • 新時代の到来をつげる新業態
  • 圧倒的な差別化を可能とする開発ノウハウ
  • 驚異の高収益!短期回収を実現!

勝ち続ける温浴施設づくりの決め手とは?

[3つの時流 徹底研究]
勝てる施設が分かる!今の時流の3つの特徴

ありふれた温浴施設は滅びる!!
「本物志向」と「独自性」が繁盛店のキーワード!

  1. 高齢化、「癒し」「健康」ブーム、温浴業界には追い風が吹いている。
  2. 温浴業界は7年前から安定期、今は独自性で勝つ時代!!
  3. お客様はありふれた施設に飽きている。本物感がなくては失敗する。

[2つの最強 開発成功事例]
最新最強の新規出店成功事例を徹底紹介

スパ・日帰り温泉開発をお考えの方必見!!
今年成功した施設の繁盛の秘訣を公開

最新成功事例1−『花和楽の湯』2004年4月27日オープン

花和楽の湯

商圏人口の少ない地域にありながら、徹底した本物志向で高収益事業を日店した超繁盛日帰り温泉。
投資1.0回転、年間売り上げ4億円を見込む超繁盛施設。

最新成功事例2−『スパグランデ』2004年5月6日オープン

スパグランデ

大阪のニュージャパングループが経営する、入館料2万円の国内最高客単価のスパ。
2.8億円の投資に対して初年度売上3.5倍を見込む。
(投資1.25回転)

[7つの条件 大公開]
大公開!繁盛店開発7つの絶対条件

これで成功間違いなし!
開発からオープンまでの繁盛店になるための絶対条件

  • 条件1.何のための温浴施設開発かが明確
  • 条件2.価値ある温浴施設づくりのキーワードをもっている
  • 条件3.事業計画が確立している
  • 条件4.施設開発は正確な客数予測に基づく
    (価格設定の根拠、客数予測の根拠、規模設定の根拠)
  • 条件5.設計運営計画先行
  • 条件6.温浴設備の専門知が不可欠
  • 条件7.成功はオープン日に決まる

講座概要

第1講座
〜ワンパターンの温浴施設が通用する時代はもう終わった〜
温浴施設開発、失敗と成功の分岐点
第2講座
〜客単価2万円!都市型温浴施設の新業態モデル〜
ニュージャパン スパグランデ(大阪府 平成16年5月 OPEN)
第3講座
〜1次商圏人口わずか3.6万人の町で町繁盛店の開発!〜
おがわ温泉 花和楽の湯(埼玉県 平成16年4月 OPEN)
第4講座
〜若き企業家が語る温浴事業開発成功までの軌跡〜
『あきらめなければ夢は実現する』
第5講座
〜融資を決めた審査のポイント〜
温浴施設の事業性、金融機関の評価
第6講座
〜本日のまとめ〜
低投資、短期回収を実現する温浴施設づくりの決め手

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ