無料レポート・セミナー紹介

温浴業 やっぱりすごい!温浴新業態・大公開セミナー

昨年の2011年5月、温浴業界に満を持して紹介させていただきました、温浴業界の新業態施設 「風呂屋機能特化型200坪銭湯」・・・。

あれから1年がたち、全国に新業態要素を次々と取り込み、あざやかに業績を伸ばす施設が続出しています。

  • 朝風呂のおかげで、投資ゼロで毎月の利益が前年比150%を超えた!
  • 深夜風呂ならすぐできると試してみたら、客数が前年比115%になった!
  • 半信半疑だった「駐車場イベント」で客数が近年で最高値を更新した!

そんなうれしい声が、今年になって毎月届くようになってきました。

不況の中でも、業績好調を喜ぶ温浴施設は全国に存在し、その数は今この瞬間も現在進行形で増加しています。

この無料レポートでは、そんな元気な温浴施設秘訣を、余すことなくご紹介したいと思います。

『温浴の新業態施設』が、時流適応の経営をすれば、
売上、集客、利益が前年比120%以上になる!

駐車台数100台、延床面積300坪の日帰り温浴施設。

このサイズの温浴施設と聞くと、どちらかと言うと「ちょっと小さくないか?」と感じる温浴経営者も多いはずです。


スーパー銭湯よりもずっと小さな温浴
施設だが、この小ささが事業性を高め
る最大のポイントである。

まったくその通りで、いわゆるスーパー銭湯や健康ランドと比べても、かなり小規模の温浴施設です。

しかし、このような小さな施設が、厳しさを増す温浴業界で、今最も業績好調の形となっています。

その特徴は、

  • 浴場ゾーンが、建物全体の半分ぐらいの面積を占める
  • レストランはあるものの、厨房は家庭の台所ぐらいのサイズであり、飲食メニューも「そば・うどん・カレーライス」程度と、極めて限定的なものしか扱っていない
  • その他の付帯部門も大掛かりではなく、駄菓子や焼芋などを扱う小さな物販コーナー、マッサージコーナーはあったとしてもベッド1〜2台といった程度
  • 小規模施設だけに、人件費や水道光熱費も一般サイズの温浴施設よりもグッと抑えられている

通常サイズよりも小さく、かつ極限までお風呂屋さん(入浴サービスのみの銭湯)として機能に特化させている温浴施設は、以前から存在していましたが、その事業規模は大型の温浴施設よりも小さいが故に、あまり注目されてきませんでした。

しかし、今は違います。小さいが故に利益も出やすいこの業態は、色んな意味で今の時代にあった形といえそうです。

こういった業態の温浴施設が取り組んでいる経営方法について、これからご紹介していきたいと思います。

『朝風呂』で笑いがとまらない!
前年比客数120%、経常利益150%を実現!


朝風呂を開始して以来、平日でも早朝
に80人ものお客様が来店する

右の事例は、前頁で紹介した小さな温浴施設です。

これ迄営業開始は10時からでしたが、早朝5時に変更しました。いわゆる「朝風呂」を500円で始めた訳ですが、平日にも関わらず朝風呂の時間帯だけで、毎日80人以上、日曜日には200人以上が朝の5時、6時に来店するようになりました。

既存の客数をあわせると、前年比120%超という客数アップを実現しています。

「それは都会の話でしょ。うちのような田舎は無理だよ」、

あるいは、

「営業時間を変えるとなると、安い朝の時間帯にお客様が逃げてしまう。清掃時間やスタッフシフトの変更が色々大変だし、何より人件費と水光熱費が増えてしまう。」

と思われる方もいるかもしれません。

しかし事例の店舗は田んぼに囲まれた、むしろ小規模商圏に立地しており、その意味では商圏規模の面で早朝風呂は、全国の様々なエリアで実施することが可能です。

また営業時間や清掃時間の変更については、当然ここで紹介しているお店に限らず避けて通れないものですが、売上とコストの増加分を比較したときにメリットが相応にあると冷静に判断した結果、速やかに早朝風呂サービスの体制に営業時間や清掃時間、シフトなどを移行させました。

その効果にはすごいものがありました!“朝風呂サービスをはじめて5ヶ月たちますが、これまでの営業時間のときよりも既に来客数が、年間約4万人も純増することが

確実になっており、今後朝風呂サービスを続ける中で、まだまだ利用者が増えていく事が確実になっています。

驚きの集客力をもつ早朝風呂!

●北関東N社の成功事例

関東の健康ランドで昨年の夏から早朝風呂サービスを始めた関東のN社では、開始早々に平日50人、土日で80人の新規客の来店があり、今では月間2600人、年間3万人以上のペースで客数増となっており、毎月過去最高の朝風呂客数を更新する状態になってなってきました。

●南関東R社の成功事例

関東のあるスーパー銭湯は、他店の事例と比べて早くから500円で早朝風呂サービスを始めており、今では平日に200人、土日に300人以上の朝風呂客を獲得しています。年間で考えれば、早朝だけで8万人ほどを獲得しており、驚くほどの結果を出しています。


海沿いの極小商圏でも朝風呂は高い
集客力を発揮することになった

●東海地方 I社の成功事例

成功事例はまだあります。海沿いに立地し、商圏人口も足元では数千人という極小商圏の温浴施設が、果敢に朝風呂に挑戦し、他の成功事例と同様に月あたり2000人を超える朝風呂客数を獲得するようになりました。

この成功事例を見るに、朝風呂というサービスは単純に商圏人口だけでは語れない強力な成功要素があることを雄弁に物語っていると感じています。


何故うまくいくのか?

「朝風呂様々ですよ!」、「おかげで今年は経常利益が前年比150%になるのが確定しました!」など、魔法のようにも見える朝風呂の成功事例ですが、実際の話、何故こんなにうまくいくのでしょうか?

突き詰めるとそこには、「時流適応・地元密着」というキーワードが浮かび上がってきます。

高齢社会は早朝から活動するお客様を爆発的に増加させており、長引くデフレ不況はかつての「安・近・短」を、「超安・超近・超短」にまで進行させました。 「超安・超近・超短」というぐらいですから、商圏は必然的にかつての温浴商圏よりも足元にググっと狭まってきており、それこそ地元と呼ぶエリアが従来以上に高い重要性を持つようになりました。

例えば朝風呂は、高齢社会における早朝活動と「超安・超近・超短」を同時に満たす、世の中の流れに沿った取り組み、いわゆる時流適応の典型的な取り組みです。

感度の高い皆様ならばピントくるかもしれませんが、「じゃあ、時流適応・地元密着を軸に経営をすれば、多くのことがうまくいくというのか?」という疑問が生じます。

結論から言うと、ズバリそのとおりです。時流適応・地元密着という要素を今の温浴経営に取り込んでいくと驚くほど高い効果が得られます。これは驚くべきことですが、たとえそれが観光立地であったとしても例外ではないのです。

しかし、ここで忘れてはいけない重要な要素があります。

地元密着型の経営に取り組めば取り組む程、小さな温浴施設のほうが有利ということがハッキリとわかってきました。

お客様の顔と名前が自然と覚えられるようになる、スタッフのことをお客様が自然とよく知るようになる、これらは当然小さなお店であればあるほどそうなります。

また、早朝の暗い時間帯に朝風呂に来店するお客様は、広い割りに他のお客さんが少ない大型温浴施設よりも、小さなお店のほうがホッとします。

こういった様々な要素が重なって、小さな温浴施設はこの不況下でも業績が維持され、むしろ朝風呂やこの後に述べるようないくつかの施策をすることで、グングンと業績が伸びていくことになるのです。

『時流適応・地元密着』が成功のカギ!
効果実証済みの成功事例の数々!

●セミナー参加者様が半信半疑だった朝風呂サービス!提案当初は、導入施設はゼロ!

繰り返しになりますが、昨年5月に「温浴施設の新業態『風呂屋機能特化型銭湯』」というテーマのセミナーを開催しました。

当時「温泉は必ずしも必要ない、基本的にはお風呂サービスのみで問題ない、飲食メニューはうどんと蕎麦だけでいい、休憩室を持っていなくても22時間営業が望ましい」など、その衝撃の中身に「本当にうまくいくのか?」と、参加された温浴経営者様は少なからず疑問を持たれたと感じています。

朝風呂の提案などはその典型例で、半信半疑がゆえに参加された温浴施設でもなかなか取り入れられることはなく、確か6月の段階で、スタートさせるところは一件もありませんでした。

あれから1年たった2012年4月。状況は一変してコンサルティング先の9割以上が朝風呂を導入しています。こういった、時流に対する感度が高く、経営戦略をシッカリと持った温浴施設さんの成功を皮切りに、朝風呂に踏み込む施設が次々と増えていき、今では朝風呂をはじめとした時流適応・地域密着に沿った取り組みで、成功事例が次々と増加する状況になっているのです。

「時流適応・地域密着」に基づく成功事例の数々?

●深夜にも思わぬ盲点! 営業終了直前の深夜割引で客数が前年比110%に!


オペレーションも人件費も水光熱費も全く変化さ
せずに売上と客数と利益だけが増える深夜風呂!

これなどは実にシンプルな取り組みで、営業時間終了1時間半ぐらいを前に入浴料金を400円や350円に一気に値下げすると、店の終わり間際に数十人が新たに来店するようになります。

深夜だけに、夕方から夜までのお客様が、深夜の値下げ時間帯に以降することはほとんどありません。店側としては、コストも作業も代わらず、結果としてこれだけで客数が前年比110%になるのです。

●健康ランドを縮小させ、250坪の銭湯へ!
連続赤字だったのが、黒字常勝施設に!


施設内を壁でふさぎ、250坪に縮小さ
せた健康ランド

今度は、元々は大型の健康ランドだった施設です。

思い切って浴場とロビー以外の部分を壁で塞いで閉鎖し、250坪ぐらいの小さな温浴施設として再スタートしました。

地元九州で盛んな家族風呂を、価格設定を極端に安くしたり、すべり台を複数設置したりと、考えられる様々な地元密着要素を盛り込みました。

大型業態から小規模業態へリニューアルをかけたわけですが、健康ランド時代はどうにも利益が出なかったものが、売上1000万円〜1300万円で推移し、毎月数百万円のキャッシュを生む黒字体質の温浴施設に生まれ変わる事ができたのです。

●駐車場での祭り企画で新規客を獲得!
半年後にここ5年で最高の客数を記録!


地元に的を絞ったポスティング販促との
連動で、客数を飛躍的に伸ばし、ついに
ここ5年で最高の客数を記録した

地元密着の取り組みは他にもあります。温浴施設ではあまり重視されていないところが多い、駐車場を活用するところは、上手に地元客を囲い込むことに成功しています。

数ヶ月に一度、年に3回〜6回、駐車場でお祭りイベントを開催します。夏祭りはもちろん、春も秋も冬でもやります。普段お風呂に興味のない地元住民も祭りにはきますので、そこで店の案内やお得なクーポンを配布すると、しばらくしてお店の来客数がグングンと伸びてくるのです。

事例のお店は大型の健康ランドですが、小型店舗ではなくとも、時流適応・地元密着のこういった取り組みをすると、大きな効果があることがわかります。

真面目さだけでは何かが足りない!
温浴業界を揺さぶる「ユーモア事例」!

いかがでしょうか。ここまで時流適応・地元密着を軸にすえた取り組みで、強力に結果を出している効果実証済みの成功事例を紹介してきましたが、あと少しだけ皆様にお伝えしたい事があります。

全国のほとんどの温浴施設は、これまでずっと真面目に経営と運営に取り組んできたはずです。しかし業績は伸びたでしょうか?あるいはそこで働く組織やスタッフは幸せになることができたでしょうか?

当然ながら幸せというものは、人それぞれに尺度が違います。私が決めるのもおこがましいのですが、ひとついえる事は、お客様とゲラゲラ笑いあったり、スタッフ同士で常にワクワクドキドキしたりしながら日々の仕事に取り組むことは、多くの人にとって共通の「幸せの(あるいは幸せに近い)形」ではないかと思うのです。

いくつかのこんな事例があります。

【事例1】濃厚キスイベント

キスを1分以上したカップルを「いい夫婦」と承認し、11月22日の「いい夫婦」の日に入浴料を無料とするイベント。予約受付で10カップル20人がエントリーし、100人以上のお客様の面前で濃厚なキスを披露した。

「いや〜。かあちゃんと20年ぶりにキスしちゃったよ」と感激のコメントを残す夫婦に、周囲のお客様は拍手喝さいと万歳三唱。あまりの濃厚なキスに、披露した本人たちも、それを見ていたお客様も、さらにはお店のスタッフたちも、胸の鼓動が止まらない大成功イベントとなった。

【事例2】説教部屋ローリュー(通称)

サウナ室内で男性客同士をペアにし、片方は床に正座し、片方は腰に巻いていたタオルで相手の眼前に立ち、お客様同士で交互にローリューを行う取り組み。タオルで仰がれる側は丸裸の相手に目の前に立たれ、ひたすら熱波を浴びせかけられる。

はたから見ていると、お説教を受けているようにも見えることから、一部から「説教部屋ローリュー」と名づけられるようになっている(苦笑)。

【事例3】温浴企業の取締役がレスラーとしも活躍

温浴施設のいたって真面目な取締役だが、体重が130キロに近づいたこともあり、社長がレスラーとして起用。知り合いの本物のプロレスラーとともに、レスリングネタの企画を実行している。


レスラーとしてイベントに取り組む取締役。
本人もまんざらではなく楽しみながらやっている様子が伺える


お風呂業界のアイドルグループ。全国の
温浴施設やイベント会場で、積極的に
活動を行っており、各メディアで話題が
沸騰している

【事例4】
お風呂アイドルグループ結成

OFR48(おふろ・フォーティーエイト)というアイドルグループが、全国の温浴施設を練り歩いたり、各地でイベント活動したりと積極的に活動中。メンバーはなんと全国の温浴施設の女性スタッフたち。

既にCDデビューし、2曲目も先日披露。プロのアイドルグループとして、大手メディアの取材が殺到している。現在も全国の温浴施設からメンバーを募集中とのこと。


いかがでしょう。今までの業界常識、「良い接客」、「集客イベント」の範疇からは完全に外れてしまっていますが、お客様の反応は、最初はあきれたりしていますが、だんだんクスクスと笑いはじめ、最後には毒されたように店の虜になってしまっています。

何よりもスタッフが「次はどんな事をやってみようか」と、どこかワクワクしたテンションを持ち合わせていて、とにかく楽しそうに見えます。しかもこんなことやってる店は不思議と繁盛店なのです。私などは、業界非常識が、常識になってきたととらえており、、これらも温浴業界に今後必要なことだと強く感じております。

他店の地元密着事例を取り入れるのが成功への最短距離

レポートの最後に、ひとつご質問をさせてくださいませ。

質問 : 最近、繁盛しているお店の事例を聞いて、

「うちの店では当てはまらない」、「うちの地元ではクレームになる」
「『地元密着』は今までやってきたけど、イマイチなんだよね」

と、最初から否定していませんか? 当てはまる方は要注意です。

確かに地元密着という言葉は以前からよく耳にします。ですが、それをかかげるお店の現場に伺っても、どこか徹し切れていない、あるいは失礼ながらそもそもピントがずれている、というケースに少なからず出会います。

地元密着の経営・運営を行うことは、実はそれほど難しいことではありません。シンプルでとてもわかりやすいものです。地元密着に徹した温浴施設運営を行うと、一体どういった店になるのでしょうか。

●早朝でも深夜でもいけるコンビニのようなお店
掃除時間以外はずっと営業しています。早朝でも深夜でも、それこそ一日22時間ぐらいは店は営業していて、ワンコイン(500円)以下の低価格で入店できます。

●普段着でいけるお店
とにかく気軽な雰囲気です。ジャージとツッカケで入店しても違和感がありませんし、店内で友達同士はワイワイと井戸端会議ができます。それを可能とするだけの「適度な狭さ」と「自宅のような、気取らない内装・デザイン」を持っています。

●スタッフとお客様は顔と名前が互いに一致しているお店
子供客を含め、お客様はみんな社長や店長、スタッフの顔と名前を知っていて、店側のスタッフ達もお客様のことを良く知っています。

また、看板で広告宣伝をするぐらいなら、その経費は直接地元の方々と接して会 話ができる、ドアコールのチラシ配りに回します。

このレポートで最後にお伝えしたいことは、まずは成功している事例を知り、それを素直に取り入れてマネすること。それこそが、最高の業績アップの秘訣だという事です。
どうかこのレポートが商売繁盛のキッカケになることを願っております。

船井総合研究所
温浴ビジネスチーム

時流適応の地域密着事例を知り、
業績アップを実現してください!

レポートをここ迄お読み頂きまして、ありがとうございます。船井総研 温浴ビジネスチームでは、誰でもできる業績アップをテーマに活動を行なってきました。その答えのひとつが、「成功事例のポイントを知り、モデルとすること」です。

皆様のような、レポートを必死に読まれて業績アップのヒントを探されている熱心な経営者様には、何とか幸せになっていただきたい。そんな思いから、成功ノウハウをお伝えするセミナーである、

「温浴業 やっぱりすごい!温浴新業態大公開セミナー 」

を企画いたしました。しかもテーマは
温浴施設の新業態の紹介と、今の時流である地元密着です。

温浴ビジネスチームの特徴でもありますが、セミナーでは、あまり理屈を述べるということはせずに最小限にとどめます。逆になぜ新業態と呼ばれる温浴施設がうまくいくか、あるいはそういった温浴施設はどんな取り組みを日々行っているか、について効果実証済みの成功事例をふんだんに用いながらご紹介していきます。

このセミナーでお伝えする内容を、一部ではありますがご紹介したいと思います。

やっぱりすごい!温浴新業態・大公開セミナー

2012年6月1日(金)東京開催

◆◆セミナーでお伝えする成功事例(一部ご紹介)◆◆

  1. 非日常から路線変更。超日常で地元客の利用がいきなり120%に急増!
  2. 田んぼに囲まれた立地で早朝風呂開始。平日80人、土日200人以上が来店!
  3. 海沿い観光立地で朝風呂。前年比120%の客数増に経営者も強気の運営へ!
  4. 駐車場の祭りイベント!年に数回実施で、客数がここ5年で過去最高値を達成!
  5. 早朝風呂だけじゃない、真夜中の入浴価格を変更し、いきなり客数10%アップ!
  6. まだまだある地元密着事例。地元おかあちゃん達と地域食材で飲食大ブレイク!
  7. 小規模施設の必殺アイテム!眠ってしまう程気持ちいい地元密着型浴槽とは!
  8. 大型健康ランドが200坪銭湯にリニューアル! 黒字V字回復した注目事例!
  9. 悲鳴と歓喜が飛び交う!ドキドキが止まらない20の熱烈キス生中継イベント!
  10. 通称説教部屋サウナ!サウナ室での不思議な世界がお客様の心をわしづかみ!
  11. 業界でも有名な名物取締役が、今度はプロレスラーとレスリングイベント!
  12. 話題沸騰!アイドルユニットが、都会から田舎まで全国の施設に来てくれる!
  13. 店内で毎週お稽古ごと!新たな地元密着文化サービスで固定客率倍増!
  14. 商圏を車で20分圏から10分圏まで一気に縮め、経常利益が前年比150%!

・・・など、温浴新業態の紹介と成功事例をセミナーで一挙にご紹介!

さらに今回のセミナーではゲスト講演があります!
ここまでご説明してきた新業態施設を経営し、
業績を伸ばし続けている社長に直接お話をいただきます。

このセミナーでご紹介する事例施設や数々の取り組みは、実は、全国の船井総研の会員様と顧問先の汗と涙の結晶の事例です。挑戦と失敗を繰り返し、試行錯誤を繰り返しながら、誰でも可能なレベルにまで落とし込んだ上で実施したものばかりです。

さらに、今回はこのような事例に取り組む温浴施設の経営者に会場にお越し頂き、その取り組みについての特別講師としてお話しいただく事になりました。

周辺施設への配慮のため、DMではお名前をあげることはできませんが、自社の営業日にもかかわらず、あなた様のような熱い経営者のために一肌脱いでいただける事になりました。こういったチャンスは年に一回あるかないかです。

セミナー参加料金は、18,900円(税込)ですが、ひとつでも新業態の要素や事例を実践できれば、例えば年間1000万円以上の利益をたたき出す朝風呂に踏み込んだならば、セミナー・交通費用はすぐに元がとれてしまいます。これは本当のことです。

そんな『温浴業 やっぱりすごい!温浴新業態・大公開セミナー』

是非皆様に参加していただきたいと強く思っています。
6月1日は、皆様と会場でお会いする事を楽しみにしております。

温浴ビジネスチーム

日程は6月1日(金)/東京 特典つき!

温浴業界の新業態施設と、時流適応の成功事例を大公開する、
「温浴業 やっぱりすごい!温浴新業態・大公開セミナー」の開催日程と会場は、
2012年6月1日(金) (13時から17時) / 東京会場 (丸の内)です。

さらに、今回は2つのスペシャル特典をご用意しました!

特典1

厳選成功事例のレポート集をプレゼント!

厳選成功事例の
レポート集を
プレゼント!

総数1000ページに及ぶ成功事例の200個のレポートのうち、最も効果的な15の事例を、厳選した形でプレゼントします!
(これは10社限定、先着順とさせていただきます)

特典2

無料経営相談

希望される方に
セミナー終了後、
船井総研講師による20分間の無料経営相談が受けられます!(2社限定 電話相談も可)

ほとんどの課題が、ここで解決します。方向性が定まり、ワクワクした気持ちでお帰りいただきたく思っております!

当日はこのようなお得な特典をご用意し、セミナー会場にてお待ちしております! 温浴業界の時流を体感するためにも、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます!

「温浴業 やっぱりすごい!温浴新業態・大公開セミナー」


  • 開催日時
    2012年6月1日(金)13:00〜17:00(受付開始:12時半)
    船井総合研究所 東京本社(JR東京駅丸の内北口徒歩1分)
    【住所】東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
  • お問合わせ
    株式会社 船井総合研究所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
  • TEL:0120-974-154(平日9:30〜18:00)
  • FAX:0120-974-111(申込専用:24時間受付)

このページのトップ