無料レポート・セミナー紹介

温浴業『運営受託で全国制覇』セミナー


2007年8月24日(金)。この日、温浴施設を経営するあなたは、驚きの事実を知ることになるでしょう。/p>

業界に押し寄せる投資マネーの波。企業として新たに事業戦略を組みなおさねばならない程大きなインパクトを持つ投資マネーの流れ。

当日、京都ではこういった「業界の新事実」を余す事なくお伝えし、皆様に新たな成功法則をお持ち帰りいただきたく思います。

『温浴業 運営受託で全国制覇セミナー』開催にあたって

このDMを手に取った皆様は、ひょっとすると一度や二度は、「温浴事業をやるのに良い物件があるんですけど、どうですか?」という話を聞いたことがあるかもしれません。

実は昨年から今年にかけ、こういったケースは全国津々浦々で聞かれるようになりました。そう、これがいわゆる「温浴事業への投資マネーの流入」の一旦です。

今回、皆様には今の温浴業界に吹き荒れる「投資マネー&オペレーター探し」の嵐について、その実情から対処の仕方までを徹底的にお伝えするべく、このお知らせを送付させていただきました。

温浴業界への本格的な投資がいよいよ始まった!

昨年の後半あたりからでしょうか。「船井総研さんで温浴事業のオペレーターの方をご存知ないですか?」という問い合わせが増えてきました。と言っても多いときで一日に3件以上(本当の話です!)もの問い合わせですから、尋常ではありません。

今年に入ってもその勢いはとどまらず、つい先日も一日4件の投資企業(銀行を含む)から面接依頼がありました。

例えば、

  • 有名なあの温浴施設を買い取って、リニューアルをしてはどうかと思っているのですが・・・。
  • 既存のテナントでは収益が悪いので、一度空っぽにして温浴サービスを始めます・・・。
  • 工場跡地が出ましたので、次に何をするか検討していたら温浴事業の案が出たんです・・・。

今現在、温浴事業をされている皆様が聞けば耳ざわりな話でしょうが、こういった事は大型都市だけでなく、「えっ!あんな場所にも?」というエリアにまで及んでいます。一体なぜこんな事になっているのでしょうか。

もうお分かりの方もいるかもしれませんが、答えは投資ファンドをはじめとし、銀行、信用金庫、リース会社が追随する「投資マネーの流入」と「それに伴うオペレーター探し」です。彼らは収益性の高い、もっとハッキリ言えば投資回収の面でできるだけ有利な事業に投資をしたい、という本音があります。

その候補として必ずあがるのが今の温浴事業なのです。これまであった他業界からの事業参入だけでなく、投資を行う彼らにとっても温浴は魅力的な事業であり、不動産だけでなくいよいよ温浴業界にもこういった『資金』流入が現実のものとして押し寄せ、これまでとは比較にならないスピードで業界を取り巻きつつあるのです。

知られざる投資・金融マネーの現実!

流入を続ける「マネー」。ハッキリ言ってその資金力とスピードは尋常ではありません。10億、20億円は当たり前、場合によっては100億円以上の巨大な資金が短期間にドッと流れ込みます。ひょっとしたら皆様の近くで短期間に巨大複合温浴施設の話が突然出現した事もあったのではと思います。

当然の事ながら全国のあらゆる商圏に、多種多様な温浴施設が存在します。何年もかけて確立された商圏秩序に対して、こういった規模の話が現実になるとその影響は計りしれないものとなります。こういった状況に既存温浴施設の皆様としてはどう対処したらよいのでしょうか。

運営受託を求める例が続々と増えている

しかし、実際に資金を出す金融機関やファンドの方にお会いしてみると、どうやら「彼らには彼らなりの悩み」があることがハッキリしてきました。それも自分たちでは決して解決できない悩みです。

当然のことながら彼らも投資をする以上、失敗は許されません。ある意味、投資の世界は温浴同様、いま非常に厳しさを増しているといえます。その彼らにとって「頭の痛い悩み」。「是が非でも解決しなくてはいけない悩み」。それが「優秀なオペレーターとの出会い」です。実はこれが解決されない為に、大型案件の話が「パタッ」と止まってしまったりします。出たとこ勝負で見つけたオペレーターに運営を任せるほど、投資の世界は甘くありません。「大きな企業でなくてもいい。この物件運営を任せられる優秀なオペレーターはどこにいるんだ!このままじゃ資金がダブついてしまう!」これが彼らの悲痛ともいえる叫びなのです。

ここまでお読みになれば、聡明な皆様はもうお分かりだと思います。そうです。業界を揺るがしているこの「資金流入」の主役は、実は資金を有する金融機関やファンドではありません。今日までコツコツと運営ノウハウを蓄積され、厳しい競合環境を生き延びてきた「既存温浴施設の経営者」こそが、この大舞台の主役そのものなのです。今、温浴業界は大きく回転しています。ファンド、銀行などの投資企業に対して「我こそが新たな温浴施設を運営するにふさわしい!」と名乗り出ることで、単独企業では難しかった新規開業が、大きな投資なくして可能な時代に突入しているのです。

受け入れる「運営受託側」としてどう立ち向かうか!

先ほど申し上げたとおり、業界には大きな大きなマネーが今この瞬間にも流れ込んでいます。同時に彼らは自らが投資する物件を任せられるだけの「優秀なオペレーター」を渇望しています。この事実を知った皆様としてはどのように対処すべきか、次の一手として何をすべきなのでしょうか。

「うちは小さな温浴施設を経営しているからそんな話は関係ないか」と考える方がいたら、そのご心配は不要でしょう。「温浴」という業界はこの手の情報が非常に入手しにくいのでご存知ないかもしれませんが、そんなご心配とは無縁なほどに投資側はオペレーターを求めているのです

新規開発や大型リニューアルする資金を持っているし、事業にも意欲がある。しかし、オペレーターと出会えないために足踏みしてしまっている・・・。これは裏を返すと「投資をする側は、温浴業界の実情をあまり知らない」という事になるのです。ザックリとした利益率ぐらいは把握していますが、スーパー銭湯でいくら売上が上っているか、フィットネス・スパの正しい利益率はどれくらいなのか、家賃負担能力はどうなのか、といった細かい事をまだ把握していないのです。ここに皆様の突破口があるのです。

「運営受託」を自らの幸せにつなげるために!

今回の温浴施設経営研究会は、そんな皆様のために絶妙なタイミングで開催することになりました。皆様の中には、「将来的には2店舗目、3店舗目を出店したい。できれば巨大商圏に挑戦し、大きな事業を確立したい。」とお考えの方もいるはずです。以前と異なりその想いは実現する時代になり、まさに「業界始まって以来のビックチャンス到来」といっても過言ではありません。

その情報を余すことなく伝える場として

を8月24日に京都にて開催いたします。

  • 事業拡大はずっと描いている夢だが、現状では難しい
  • 物件情報が入手できない
  • 自社の運営能力にそれなりの自信がある
  • 今の店舗だけでなく、さらに事業を拡大したい
  • 運営受託の波に乗りたい
  • 今現在の業界動向を知りたい
  • 投資ファンドや銀行の考えている事は何か
  • 投資企業との交渉基準を知りたい

という事にご興味のある経営者様は、この機会に是非にもご参加いただき、温浴業界を取り巻く「投資マネー&運営受託」の情報を正確に把握していただき、皆様のさらなる事業発展につなげてほしいと思います。

船井総合研究所 温浴ビジネスチーム一同

講座概要

特別講演
絶対価格時代の到来!
スーパーヘビーユーザーの登場でマーケティングは大きく変わる
[株式会社 船井総合研究所 代表取締役社長 小山 政彦]
第1講座
温浴業界への本格的な投資が始まった!
1.動き出した金融マネー!
2.全国で見られる大型案件!その背後に見え隠れする「力」!
第2講座
初めて明かされる。投資企業の考えていること
1.求めている利回りと投資基準!
2.投資企業の「温度」を知る!
第3講座
投資側は、温浴業界・温浴事業をどう思っているか!
投資企業を上手に活用するために何が必要か!

1.余りある資金を投資する先はないか!
2.必ずあがる「温浴事業がいいんじゃないか?」の声!
3.彼らのボトルネック!優秀な運営受託企業(オペレーター)との出会い
4.投資企業と上手に契約するために大切な3つのポイント!
・紹介物件の事業性を明確に把握
・営業利益と家賃負担のバランス
・契約条件の業界基準を知っておく
5.運営受託で幸せになるために!

※投資側は運営受託企業を渇望しています。このセミナーで動向を把握し、上手に事業拡大につなげてくださいませ。

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ