FAX新聞

不振店活性化のコツは「プチ・リニューアル」[サンプルNo.53]

成功事例FAX新聞

他の市場と同じく、温浴業界でも厳しい経営環境が続いています。大型の店舗出店が相次ぎ、ファンドや金融債権絡みの話しも合間みあって、今後もこの流れは一向にとどまる気配がありません。同時に岩盤浴やフィットネスサービスに力を入れた、いわゆる「テーマ特化型」の中小規模施設も登場して新たな業態創出の様相を呈しています。

そんな中であおりを受けるのが既存施設。今この瞬間にも業績が昨年対比で20%近くもダウンしている施設が出現しています。こういった既存の不振店は今後どうしたらよいのか、活性化のコツはどこにあるのでしょうか?

市場変化は言い換えればお客様ニーズの変化。この「変化の兆し」をキャッチし、リスクを考慮しつつも自らを変化させた施設は、市場とお客様に添った形で成長を続け、今はすごい好業績を出しています。しかし、彼らの施設は決して何億円も投資するような大型のリニューアルをしたわけではありません。

中には2000万円程度で高い効果を出している施設だってあるのです。今週は、絶えず変化する市場で自らを変化させて業績向上を実現している、そんな繁盛店事例をご紹介します。

不振店活性化のコツは「プチ・リニューアル」

不振店活性化のコツは「プチ・リニューアル」

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ