FAX新聞

セラミックの不思議なパワー[サンプルNo.102]

成功事例FAX新聞

概要

こんにちは、相良(さがら)です。先日、九州の温浴施設に行ってまいりましたが、何とそこの重油仕入れ価格は、リットルあたり108円!先週広島でリットルあたり100円を超えたという話をきいてはいましたが、重油のリットル100円超時代がいよいよ到来してしまいました。

お風呂にフタをする、ボイラーのスイッチを営業終了前に切る、浴場清掃を朝に変更する、節水コマをとりつける、デマンドコントロールを行う、などの様々なコスト削減の取り組みをこのFAX新聞で取り上げてきましたが、まだまだ削減の努力はつづけなくてはならないようです。

こんな状況だからこそでしょう。水道光熱費の削減に関して、実に色んな情報が集まってきています。中には、重油と水を混ぜていきなり重油代50%カットという魔法のような話もきていますが、これについてはまだ未確認の部分があり、さらなる情報追求が必要のようです。

しかし、魔法とまではいかなくても、これまでならあまり表舞台に出にくかった様々な技術が、ここにきてどんどん利用されるようになったと感じています。そのひとつがセラミック技術。今週ご紹介するのもその技術のひとつです。

元々、温浴業界でセラミックが活用され始めたのは、衛生管理の一環からだと感じています。かつて宮崎で大きなレジオネラ菌事故があった際、ちょうど今のコスト対策技術と同じように、衛生管理技術があらゆるメーカーから提案されるという時期がありました。

セラミックの不思議なパワー

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ