FAX新聞

業界の新しいサービス![サンプルNo.110]

成功事例FAX新聞

業界の新しいサービス!

こんにちは、温浴ビジネスチームの相良(さがら)です。いよいよお盆がせまってきましたが、今夏の業績はどうでしょう。私が把握しているのは、今年は全国的にどこの温浴施設も非常に厳しいということ。

ガソリン高、食料高などで消費者の可処分所得が減ってきてます。当然、節約や生活防衛が顕著になり、真っ先に影響を受けるのは、車を利用して出かけるレジャー関連業。

温浴業界もこの影響がかつてないほど鮮明に出てしまいました。

これまでは、間近に新規競合店が出店した、レジオネラ菌・食中毒などの衛生トラブルを起こしてしまったという時以外にはなかなかあり得なかった「昨年対比10%以上のダウン」が、普通に起こるようになってきました。

加えて燃料高騰と食材仕入の高騰で、コストも膨らんでいるため、業界にとってはとても厳しい状況が現実になったともいえます。

しかし、厳しい厳しいとばかり言っていられないのが商売。何とか突破口を見出そうという動きもポツポツと出てきました。それもコスト削減という「守り」ではなく、売上を伸ばす「攻め」の部分でです。今週のお盆合併号では、厳しい環境下でも積極的に攻めていった取組みについてご紹介します。

概要

近年、旅館やホテル、日帰り温浴施設において介護サービスや健康増進サービスを導入するケースが見受けられるようになっています。その背景には、成熟期を迎えたホテル旅館業界、新たなサービスを求める温浴業界が、介護市場を掘り起こすことで、本業に付加価値を加えるとともに、地域密着の介護サービスによって、地域住民の獲得を行うというものです。特に介護予防サービス(介護よりもワンランク元気な方を対象とするのが介護予防)の分野で、事業に参入するケースが常道のようです。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ