FAX新聞

評価制度の導入で組織力アップ
[サンプルNo.119]

成功事例FAX新聞

概要

温浴ビジネスチームの山崎寿樹(やまざき としき)です。今回は、『評価制度の導入で組織力アップ』についてお話し致します。皆様の温浴施設ではパート・アルバイトスタッフの評価制度はございますでしょうか。社員の評価制度は存在しても、パート・アルバイトさんの評価制度をしっかりと運用できる施設は少ないのではないでしょうか。

今回の事例は、ある温浴施設が導入しているパート・アルバイトスタッフの評価制度についてお話をしたいと思います。ここの評価制度は年に3回実施している。評価項目は、躾・マナーの部分から自店の特徴をしっかり理解しているかといったもので、数字的な項目はほとんどありません。評価者は、本人と、同僚2名(パート、アルバイト)、社員2名の計5名で、評価項目にしたがって点数がつくられており、時給に反映されると言った仕組みだ。元々、このような評価制度を導入するきっかけは、あるスタッフが「自分の方が頑張っているのに、何で他のスタッフより時給が低いんだ、評価を標準化することで平等にしてほしい」という声があがったからだという。

運用後は、評価制度の見える化によってスタッフのモチベーションも高く維持されており、成功していると言えるでしょう。

<評価用紙イメージ>
評価制度の導入で組織力アップ

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ