FAX新聞

新メニューの従業員向け試食会で当事者意識を!
[サンプルNo.121]

成功事例FAX新聞

概要

温浴ビジネスチームの山崎寿樹(やまざき としき)です。今回は、「新メニューの従業員向け試食会で当事者意識を!」についてご紹介致します。

皆様の温浴施設では、経営幹部の方や支配人の方がトップダウン方式で飲食部門の季節メニューやイベントメニューなどを決めてしまうことが多いのではないでしょうか。トップダウン式で物事をすすめると従業員の方が当事者意識を持ちにくく、お客様から「このメニューってどんな味がするの?」と聞かれても答えることができないといったケースに心当たりがある経営者様も多いかと思います。

新メニューの従業員向け試食会で当事者意識を!

そこで、実施したのが新メニューのスタッフ向け試食会です。試食会といっても皆が一同に会して時間を確保するのは難しいため、下記のような試食チケットに感想を記入できるようなフォームを作り全従業員に配布しました。

今回のご支援先では、塩ソフトの試食チケット配布で実践してみましたが無料でソフトクリームを食べれるということもあり、予想以上に反響があり、少しでも温浴施設の経営に携わっているといった当事者意識をもってもらうことに成功しています。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ