FAX新聞

マンガと温浴事業
[サンプルNo.122]

成功事例FAX新聞

概要

こんにちは、相良です。株価急落やそれによる消費低迷など、集客数を押さえ込む外部要因がやたらと多く、客数が昨年対比を割ってしまう施設が続出しています。有効な手立てが欲しいところですが、そんな状況の中、温浴施設がマンガ本の増加をしてチラシで宣伝すれば、確実に結果がでます。一般に集客のお客様は新規客とリピート客に分けられますが、そのどちらも増やすことに成功するのです。

だいぶ下がってきたとはいえ以前と比べて未だ高い重油価格、経費を膨らませて同時にお客様の消費マインドを冷めさせている景気状況の中、思い切った投資でリニューアルを行うというのは簡単ではありません。しかし、マンガ本や雑誌を段階的にでも増やしていくことは、岩盤浴導入や露天風呂増築といったほどの投資負担にはなりません。

ある程度の規模で設置できれば、費用対効果としては、格段に安くすみます。

ありがたいのは、時代に流れに沿って中身(マンガの内容)を柔軟に変化させることも可能なこと。要はお客様を飽きさせないためのメリハリが聞きやすく、長きにわたって集客に貢献してくれます。

マンガ本や雑誌を最低でも3000冊以上の規模でお店に置いた場合、集客数やお客様満足度にとても貢献するのは、多くの施設で証明済みですが、今回はこういった取り組みについてご紹介したいと思います。

マンガと温浴事業

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ