FAX新聞

「信者客」づくりに取り組もう!
[サンプルNo.130]

成功事例FAX新聞

「信者客」づくりに取り組もう!

「信者客」づくりに取り組もう!

新年あけましておめでとうございます。船井総研 温浴ビジネスチームの相良(さがら)です。

2009年がスタートしました。

昨年の世界的金融危機の影響が、本格的な波として到来するだろう今年。金融不況から実体経済に徐々に影響が及んできており、ニュースで取りざたされているように職を失う人たちが増加しています。

消費者の購買意欲は著しく低下し、企業のモノが売れない事でさらなる不景気に陥るという「不況の悪循環」が今後到来してしまった場合、今は温浴施設に来店してくださっているお客様も確実に財布をヒモをきつくしてしまいます。こういったシナリオの中で温浴施設としてどのように対処する必要があるのでしょうか。

今の現状を乗り切る方法を考える場合、知っておかねばならないのは、「異常時こそ原理原則に乗っ取った経営を」という言葉です。

うつろな金融経済の破綻ではじまった今の不景気は、明らかに異常。異常時にやってはいけないのは、普段やらないような、言い換えれば不慣れな事には絶対に手を出さないこと。基本に忠実に、しかもムリやムダをはぶきながら堅実に業績を伸ばす努力をコツコツと続けねばなりません。

しかしプラス発想で考えればこういった取り組みをすることで今回の不景気を充分に乗り切ることも可能だといえます。2009年はこれまで以上の努力が必要になる厳しいスタートではありますが、これまでの皆さんの経験とノウハウを今一度結集させ、見事に乗り切っていただきたいと強く思っています。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ