FAX新聞

隠れたニーズを見極め、事業を安定局面へ
[サンプルNo.136]

成功事例FAX新聞

概要

こんにちは、温浴ビジネスチームの相良(さがら)です。年末年始を昨年対比ギリギリで 乗り切った感のある温浴業界ですが、2月にはいると消費の落ち込みを影響した業績低迷が ハッキリしてきました。

伸びている施設がある一方で、極端に不振となる施設も見受けられます。このファックス 新聞で何度か記載してきたように、マクロな不況感は業界を問わずに今後厳しくなりますので、 温浴業界も今後の不況を想定した上での対策を早めに実施せねばなりません。 ?

不況を反映してか「今後はどんなサービスが求められるのでしょうか?」と毎回 尋ねられます。求められるサービスが、設備中心から運営力中心に移行しているのは 確かですが、最近では以下のようなキーワードで答えるようにしています。

●世の中の方向

  • 消費マインドの低迷
  • 低価格志向、「安・近・短」志向の高まり
  • わかりやすいサービスが求められる
  • 団塊世代中心の高齢マーケットの拡大
  • 高齢化促進及び独居老人の増加
  • 団塊ジュニアのニーズ明確化
  • 保育ニーズの急増
  • 省エネ、エコ意識の高まり
  • 中古市場や規格外市場への注目度上昇
  • 新たなビジネスモデルの模索
  • 業態同士の融合
  • 健康意識の洗練化
  • アミューズメント全体では不調なものの、家庭用ゲーム機は順調を維持
  • ・・・等

●伸びているサービス

  • レンタル品
  • 低価格イベント
  • 中古品販売
  • 家庭用ゲーム販売
  • 規格外市場(不揃い野菜など)
  • エコ、環境機器販売
  • ・・・等

●予測される「ウケやすい」サービス

  • ブランド品レンタル
  • フリーマーケット
  • 靴やカバンの修理
  • ずっこけ卵、きれはしケーキ、不ぞろい野菜・・・等
  • レンタカー
  • マンガ、雑誌
  • 一部介護サービス(ディサービス)
  • 生きがい、やりがい創出サービス(カルチャー、人とのつながり)
  • ・・・等

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ