FAX新聞

温泉ソムリエの積極活用法
[サンプルNo.141]

成功事例FAX新聞

概要

温浴ビジネスチームの山崎寿樹(やまざき としき)です。
今回は、『温泉ソムリエの積極活用法』についてお話し致します。以前、スタッフの積極活用術の記事でも少しお話致しましたが温泉ソムリエという認定制度を利用して温浴施設の商品価値をアップさせた事例をご紹介致します。

私のご支援先でうたっているのは『温泉ソムリエのいる温浴施設』です。天然温泉や源泉かけ流しと言った言葉で自店の価値訴求をしている温浴施設はたくさんあるかと思いますが、温泉ソムリエのいる温浴施設といった表現で価値訴求をしている温浴施設は少ないかと思います。

実際に私のご支援先の温浴施設では、支配人及び幹部スタッフ数人に温泉ソムリエの資格を取得して頂き下記写真のような形でフロント後ろに温泉ソムリエの認定証をかかげてあります。また、それと同時に温まる入浴法やお客様が湯あたりしないような入浴方法などのアドバイスなども行なっています。

温泉ソムリエの入浴方法を訴求することで他店の差別化を行なっています。結果的にお客様に安心感や満足感を与えています。お客様の嗜好が『もの』より『こと』に向かっている今こそこのように目には見えない形での価値訴求を受けいれられる傾向にあります。

【フロント後ろに掲示している温泉ソムリエの認定証】
温泉ソムリエの積極活用法

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ