FAX新聞

消費者のお金が動く日は定番イベントを!
[サンプルNo.142]

成功事例FAX新聞

概要

こんにちは、温浴ビジネスチームの相良(さがら)です。国別・地域別の野球の大会:WBC(ワールドベースボールクラシック)が先週終了しました。前回大会の覇者日本と北京五輪覇者の韓国、両方の世界チャンピオンが誇りをかけて戦った決勝戦は、見事日本が勝利を手にし、大会2連覇を達成しました。勝利をたたえる番組が数日間続き、その余韻はいまだ冷めやらぬ状況ですが、実は日本の優勝によって、不景気にもかかわらず、たくさんのお金が消費されるサービスが発生しています。

もちろんそれは、「侍ジャパン」の関連グッズ。スポーツショップはもちろん、ネット上でもイチローのユニフォームシャツや、青木、中島の帽子などが、飛ぶように売れてそれこそ品切れ状態なのです。昨年、北京五輪の北島金メダルの際に、プールを持つ温浴施設では、北島康介が使う水中メガネと同じモデルのものが、メダル獲得を境に一気に売れましたが、こういった世間の誰もが注目する大イベントに絡んで、短期間に普段以上の消費マネーが特定マーケットに流れ込むのは、皆様も経験上ご存知かと存じます。

消費者のお金が動く日は定番イベントを!

そういった視点で、温浴施設でできることは何かを考えると、オリンピックやWBC、はたまたサッカーワールドカップとまではいかなくとも、世間のお金、消費者のお金が少なからず動く日というのが、いくつも浮上してきます。

ご紹介する事例もそんな日を逃さずに的確なタイミングでイベントを行った温浴施設です。今ではたくさんの温浴施設が取組むようになったバレンタインデーとホワイトデーのイベントですが、国民なら誰もが知ってて、かつ多くの消費者がその日にあわせてお金を使う日にあわせてイベントをうつことで、販促効果を高める事が狙いでした。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ