FAX新聞

未使用スペースを、収益ゾーンに変える!
[サンプルNo.163]

成功事例FAX新聞

こんにちは、相良(さがら)です。リニューアルをする温浴施設の数が減ってきたと感じています。2年前ならメールの問い合わせが10件入ったら3件程度はリニューアルについての内容でしたが、今は1件あるかどうかといったところ。投資がかかわるリニューアルだけに、これまでなら2年程度ごとに何かしらの新サービス導入やスペースレイアウトの変更をやっていた多くの施設も、昨今の景気の厳しさや融資条件の厳しさから、簡単には設備変更やリニューアルに踏み込めなくなっている事が関係しているといえましょう。

?

しかしお客様がお店に飽きないようにメリハリある変化を加えていくことは、サービス業の基本中の基本。投資ができないなら他の方法を考える必要があります。今週はこれまで特に利用してこなかった空間を新たに活用し、お金をかけずにお店に変化を加える事例をご紹介します。

玄関ホールを、リフォーム会社の展示空間に活用!

少なからずの温浴施設は、広い玄関をもっています。お客様がまだ靴を脱いでいないスペースは売り場として活用できない、と盲点になっているケースも多いでしょうが、玄関ホールを別の用途につかっている例は結構見かけます。


お店の玄関を入ったところにリフォーム企業やホームセンターの商品を展示している

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ