FAX新聞

目立ってナンボ!
[サンプルNo.165]

成功事例FAX新聞

こんにちは、相良(さがら)です。お店をオープンすると、看板を出すのは至極当たり前のことですが、何故看板を出すのでしょうか。ひらたく言えば目立つため。看板が目立つと、店の認知度があがったり、話題に上りやすくなったりするので、それだけで一定の目的は達したことになります。

ではさらに深掘りして考えます。何故看板を出して目立つ必要があるのか。商売なので当然ながら業績を伸ばすためです。目立たない看板なら、初めて来たお客様に場所をわかってもらえなかったり、地域の方々の話題にのぼりにくかったり、あるいは店名を覚えてもらえなかったりと、商売上いろんなデメリットが出てきます。

さて、目立つことが業績を伸ばす上で大事になるならば、目立つ方法は何も看板だけではないので、他にもやるべきです。ユニークなイベントで話題をさらったり、駐車場に巨大な飾り物をつくったりして目立つこともできます。今週はこういった考えのもと、「駐車場や店まわり」という空間を活用し、誰もが思わず見入ってしまうような「目立つ取り組み」をご紹介します。これが結果的には商売繁盛にいろんな効果を発揮します。

目立ってナンボ!
寄付されたり貸してくれた鯉のぼりを駐車場を横断する形で設置し、
異常に目立つ空間を作り出している。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ