FAX新聞

福袋から得た売上アップのヒント!
[サンプルNo.189]

成功事例FAX新聞

概要

こんにちは!相良(さがら)です。年に一度だけの定番イベントというものがあります。いわゆる節分やひな祭り、5月の子どもの日などはその典型例ですが、細く考えれば他にもたくさんあります。

今回はそのうちの「福袋」についての事例です。業種を問わずあらゆる店舗で販売される福袋は、国民の認知度は抜群ですので、イベントをやればヒットする確率は極めて高いといえます。

さて、今回ご紹介する取組みの概要は以下のとおりです。

福袋から得た売上アップのヒント!

  • 年始に福袋を店内にて販売
  • 価格は3150円(税込)
  • 目玉アイテムは、「プレイステーション・ポータブル」や
    ニンテンドーの「DS-i」
  • 他には、生活雑貨用品が入っている
  • 店内食事券も入っている(もれなし)
  • 用意した数は30個

これまで様々な温浴施設で、
年始の福袋販売を経験してきましたが、
結果的に今回のようなケースは初めてでした。
珍しかったのは、そのクチコミ効果です。

福袋の目玉商品は、「プレイステーション・ポータブル」やニンテンドーの「DS-i」。当然、買う側としては中に目玉商品が入っていることを期待して買うわけです。事例の場合でも、ある子供づれのご家族が福袋を購入し、子どもがその場で袋をバリバリっと開けて、中身を確かめはじめました。

当然子どもさんは、他の清潔雑貨には目もくれず、プレステとDSだけを探します。さて、このご家族。運良く袋の中にDS-iが入っていました。

と、その瞬間。そのお子さんは大声で「やったー!DSが当たったー!やった!やった!やったー!」と店内のホール全体に響き渡るぐらいに叫んで、大喜びでした。

福袋の売れ行きが変わったのはそこからでした。周辺にいた子供づれのお客様たちも、我も我もと福袋を買い始めたのです。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ