FAX新聞

不況期対応型グランドメニューの変更で売上アップ
[サンプルNo.196]

成功事例FAX新聞

概要

お知らせ

温浴ビジネスチームの山崎寿樹(やまざきとしき)です。今回は『.況期対応型グランドメニューの変更で売上アップ』についてお話致します。毎月顧問でコンサルティングをしている温浴施設のほかに、たくさんの温浴施設の経営者の方とお会いしておりますが、皆様おっしゃるのが年が明けてから飲食部門と、リラクゼーション部門の売上が悪いということです。色々と販促やイベント行なっている施設も多いと思いますが、根本的な消費の流れを把握せずに、表面的な施策ばかり実施しても一過性となってしまいます。

昨年からお客様のお金の使い方が大きく変わる中で、お客様のニーズにあわせた価格とサービスにしっかりと適応している温浴施設はどれくらいあるでしょうか。売上が下がるということはお客様のニーズからずれてしまっているということです。
実際に、飲食部門のグランドメニューが数年前とそのままという施設も多い感じがします。

今回は、そのようなお客様のニーズの変化をとらえた.況期対応型のグランドメニューの変更で売上アップした事例をご紹介したいと思います。次ページのグラフは、ある顧問先のグランドメニュー(食事のみ)改定前のアイテム及び価格帯のグラフです。さて。このようなグラフのアイテム数と価格帯には、どのような問題があるでしょうか。

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ