FAX新聞

今更聞けない支配人のための飲食原価管理法
[サンプルNo.200]

成功事例FAX新聞

概要

温浴ビジネスチームの山崎寿樹(やまざきとしき)です。今回は『今更聞けない支配人のための飲食原価管理法』についてお話致します。最近、多い相談内容の中で、飲食部門のテーマがあげられます。先日、こちらのレポートでもお伝え致しましたメニューなどについてはイメージがわきやすいことや、色々な店舗を視察することで表面的に学習することができますが、いがいに管理については、目に見えない部分が多いため基本的な部分ではありますがご紹介できればと思っております。

一般的に、温浴施設における飲食部門の原価は35%程度が標準的です。これは、一般的な外食チェーン店の原価率と比較すると5〜10%程度高く、いかに温浴施設の飲食部門が効率化されていないかがわかります。実際には、原価にプラスして飲食部門の人件費をプラスしたFLコストで見ていくのがいいと思います。さて、下記の写真は何だかわかりますでしょうか?

飲食メニュー

※この続きは「成功事例FAX新聞」本編にて・・・
>> サンプルのダウンロード[PDF]
>> 成功事例FAX新聞ダイジェスト一覧に戻る
>> FAX新聞のご案内に戻る

お問合せはこちらへ

tel 0120-958-270

株式会社船井総合研究所

温浴ビジネスチーム

お問合せ

このページのトップ